2021年04月06日

わが国の偉人


沖縄県の小・中・高・大学生の各年齢層はもとより、一般県民の知識の泉・わが国の政治・経済・教育・文化・科学・スポーツ・芸術など各分野のトップクラス約15,000人を網羅した日本人名事典が三省堂から発行されているが、その中からさらに厳選して紹介することにより、歴史に関する知識が豊富となり、それが人生設計の羅針盤となればという思いから11月24日より連載することにした。(50音順)



そ の 121


池田成彬 (いけだ しげあき) 18671950(慶応3〜昭和25)大正・昭和期の政治家・財界人。米沢藩士池田成章の子。生・山形県。学・慶応義塾。

1888(明治21)卒業後ハーバー大学に入学し、バチェラーーオーアーツの称号をとる。

復帰後、時事新報社に入り、‘95三井銀行に入社,中上川彦次郎の目に留まり、足利支店長に就任した。

その後ヨーロッパの銀行業の視察などを行い、営業部長から常跨取締役に就任、三井銀行を金融界のトップに押し上げた。

また1920(大正9)の第1次大戦後の恐慌、‘23震災恐怖‘30〜‘31(昭和56)昭和恐慌をのりきるなかで、三井財閥のコンツェルン化をなしとげ、巨大金融資本としての地位を確立させた。

34三井合名常務理事となり、持株公開・停年制など近代化をはかり、<財閥の転向>を果たした。

36三井を退いたが、折からの戦時体制への転換のなかで、政界への進出が要請された。

そのため‘37日本銀行総裁になったあと、‘38第1次近衛内閣の組閣時に、財界人が直接経済政策をリードすることが必要であるということで蔵相兼商工相に就任した。その後、内閣参議、中央物価委員長、枢密顧問官をつとめ、戦前財界人のトップリーダ−であり、また大御所的存在でもあった。

敗戦後はA級戦犯容疑者となり、また公職追放の指定を受け、第一線から退いたが、なお政財界に一定の影響力を保っていた。

著・「財界回顧」「故人今人」1949.。伝記刊行会編「池田成彬伝」1962、、今村武雄「池田成彬伝」1984



              元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番9号

              TEL098−8768896 FAX0988768473









posted by 春夏秋冬 at 06:07| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

沖縄県の著名人


沖縄県の政治・経済・社会・芸能・文化等各界の著名な人物や地名の由来、建造物、制度上の名称等について、沖縄タイムス社発行の「沖縄大百科事典」より令和3年1月16日から連載で紹介。



そ の 67


井之口政雄 (いのくち まきお) 1895.4.281967.6.30(明治28〜昭和42)大正・昭和期における社会主義運動の指導者。

那覇仲毛(なかもう)に生まれる。父は材木と黒糖を商う鹿児島系の寄留商人で、母は沖縄の女性であった。

13歳まで沖縄に育ち、鹿児島県立第一中学校卒業ののち、慶応義塾大学予科をへて同大学理財科へ進んだが2年で中退した。

在学中に日本社会主義同盟、山川均らの水曜会に加入、1923年(大正12)日本共産党に入党した。関東大震災後、大阪に移った。

そのころ、関西在住の県人出稼ぎ労働者を中心に、社会主義研究グループ<赤琉会>を組織。松本(旧姓真栄田)三益を沖縄へ派遣して山田有幹・東恩納(ひがしおんな)寛敷・渡久地政慿(とぐち せいひよう)らと運動の連携を協議させた。

以後、松本三益を連絡係りとして関西と沖縄の運動に理論的な指導を与えることになった。24年、赤琉会のメンバーを中心に関西沖縄県人会の結成を指導、沖縄方言を駆使した演説やビラも井之口の発案といわれている。

25年『無産者新聞』の記者となる。28年(昭和32月、第1回普選に労農党公認として沖縄から立候補、那覇市で第2位となったものの、全体としてふるわず、最下位で落選した。

選挙活動のなかで、那覇市に共産党細胞を組織するとともに労農覚郵覇支部結成を指導した。315事件の検挙を逃れて『無産者新聞』の刊行を続けたが、同年10月「治安維持法」違反で検挙され、懲役8年の刑を受け札幌刑務所に入獄した、40年再び「治安維持法」違反で検挙されたが、病気のため刑は執行停止となった。

戦後,共産党兵庫県委員会を再建し、機関紙『赤旗』の関西総局責任者となった。

この間、沖縄人連盟の活動を支援、49年衆議院議員選拳に兵庫2区から立候補して当選、同年共産党国会議員団長をつとめた。



              元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番9号

              TEL098−8768896 FAX0988768473







posted by 春夏秋冬 at 06:14| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄県経済の概況


  沖縄県経済の概況(出典:沖縄総

  合事務局調査企画課発行)その83


V 貿 易 概 況

 沖縄県の貿易動向をみると、貿易収支が極めて不均衡(輸入超)となっていること、また、各年の輸出額の内容は一過性の品目によって増減が著しく、輸出につながる地場産業のない県経済を反映していることがうかがわれる。

近年の動向は、輸入は鉱物性燃料が7090%と大部分を占めていたが、平成28年には50%を下回り、食料品等及び機械類等が25%以上を占めている。



              元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番9号

              TEL098−8768896 FAX0988768473











posted by 春夏秋冬 at 06:04| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする