2021年01月16日

沖縄県の著名人


 沖縄県経済の概況(出典:沖縄総

 合事務局調査企画課発行)その16


4 物価及び消費動向

  沖縄県の物価は、島しょ性という地理的特性から輸送コストの影響を受けやすいという特徴がある。

 このような中、国や県では、本土復帰以降、税負担の増加等で消費者物価が上昇することのないよう、県産酒類に係る酒税の軽減措置や揮発油に係る揮発油税及び地方道路税の軽減措置等の特別措置を講ずるとともに、離島問題を考慮しながら、各種の対策を実施して物価の安定に努めてきた。


               元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番−9

               TEL098−8768896 FAX0988768473

posted by 春夏秋冬 at 07:03| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄県の著名人


沖縄県の政治・経済・社会・芸能・文化等各界の著名な人物や地名の由来、建造物、制度上の名称等について、沖縄タイムス社発行の「沖縄大百科事典」より令和3年1月16日から連載で紹介する。


そ の 1


アーニー・パイル Ernie  Pyle 1900831945418 米ジャーナリスト。インディアナ州の小作農家に生まれる。


1919年、インディアナ大学に入学したが、卒業直前に退学、新聞記者となる。のちワシントンに出て、コラムニストとして名をなした。


第二次大戦勃発後,従軍記者としてヨーロッパ、アフリカ、太平洋の各戦線で活躍、ノルマンディ作戦では負傷した。戦場から人間味あふれるコラムを送り、全米の読者を感動させた。


沖縄戦では、4541日、海兵隊とともに読谷(よみたん)村に上陸、そのご最後の取材のため伊江島に上陸したが、日本軍狙撃兵の機関銃弾にたおれ殉職した。彼のコラム記事は『GI.ジョー』『これが戦争だ』『最後の章』(1950)などにまとめられている。



               元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番−9

               TEL098−8768896 FAX0988768473

posted by 春夏秋冬 at 06:57| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わが国の偉人


沖縄県の小・中・高・大学生の各年齢層はもとより、一般県民の知識の泉・わが国の政治・経済・教育・文化・科学・スポーツ・芸術など各分野のトップクラス約15,000人を網羅した日本人名事典が三省堂から発行されているが、その中からさらに厳選して紹介することにより、歴史に関する知識が豊富となり、それが人生設計の羅針盤となればという思いから11月24日より連載することにした。(50音順)



そ の 54


 足利義輝 (あしかが よしてる) 153665(天文5〜永禄8)室町幕府13代将軍。足利義晴の長男、義昭の兄。母は関白近衛尚道の娘。名・幼名菊童丸、元服して義藤,ついで義輝と改名。父とともに近江国坂本に戦乱を避ける。


1546(天文15)従五位下、ついで正五位下、左馬頭に任ぜられ、さらに同年12月従四位下となり征夷大将軍。


48帰洛し、細川晴元を管領に任じたが、晴元と三好長慶・細川氏綱との抗争を避け、

49再び近江国坂本に、さらに翌年比叡山に逃れる。


52長慶と和を結んで帰洛し、氏綱を管領に任じたが、長慶およびその家臣松永久秀の勢力が強く、幕府の権威は全く失われた。

54氏綱に代えて晴元を召還しようと長慶に追われ、晴元とともに近江国朽木に逃れて、義輝と改名。


のち長慶と和し、再び京都に戻ったが、’64(永禄7)長慶没後、三好勢および久秀らから実権奪還を企て、翌年久秀に攻められて討死した。贈従一位左大臣。戒名は光源院道円融山。


               元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番−9

               TEL098−8768896 FAX0988768473

posted by 春夏秋冬 at 06:49| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする