2015年02月17日

「本部半島国際リゾート拠点開発構想に関する趣意書」その9

「本部半島国際リゾート拠点開発構想に関する

趣意書」その9


先程も触れましたように、沖縄本島の南北を縦貫する幹線鉄軌道建設区間を内閣府の糸満から名護までとするものを沖縄海洋博記念公園まで延長するための地元の延長運動に対する強力な組織体制を構築し、粘り強い運動によって国・県を動かして、その実現を図るまで運動を展開し、その実現を図ることであります。


このためには本部町観光協会を中心に、北部全域が一丸となって運動を展開するための具体的なスケジュールに基づいた運動からスタートする必要があります。


さらに、この沖縄本島の南北を縦貫する幹線鉄道を沖縄海洋博記念公園までを実現させ、さらにあとで具体的に触れる運天港、羽地内海、塩屋内海を一体として世界最大規模となるマリーナを整備するとともに、その一帯を恩納村のリゾートホテル地域を凌ぐ世界最高水準のリゾート地域として地域の自然条件を活かした大型リゾートホテル等の整備を推進していく中で、沖縄海洋博記念公園からさらに羽地内海に至る海岸線沿いに幹線鉄軌道を延長して整備することなども取り入れたプロジェクトの推進へと進展していくこともけっして夢物語ではありません。


(万国津梁機構理事長 仲里嘉彦)

posted by 春夏秋冬 at 14:57| Comment(0) | 本部半島国際リゾート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

「本部半島国際リゾート拠点開発構想に関する趣意書」その8

「本部半島国際リゾート拠点開発構想に

関する趣意書」その8


具体的な政策提言としては、沖縄県の管理する地方管理空港の1,500bの伊江島空港と羽田空港との直行便を1日複数回就航させることに加え、那覇空港から伊江島空港についても1日複数回就航させることにより、年々入園者が増加している海洋博記念公園へのリゾート観光客への利便性を高めることにもつながる。両路線はいずれも「ドル箱路線」として活躍する可能性が高いと判断するものである。


羽田・伊江島空港、那覇空港・伊江島空港の利用者には海洋博記念公園への交通アクセスの格段の利便性を向上させることを狙いに、大型FRP(強化プラスチック)製の船舶を就航させることにより、伊江港から海洋博記念公園のエキスポ港まで約10分で結ぶことも可能となり、リゾート観光客の利便性の向上が一段と高まる。


承知の通り海洋博記念公園は、沖縄県の観光リゾートの拠点としての役割は大きく、平成24年度の同公園への入園者が3714,274人であったのが、25年度は初めて400万人の大台を突破し、4078,597人に達し年々入園者は増加傾向にある。


100人前後の観光リゾート専用船としてFRP製の船舶を建造することになれば、およそ数億円前後で建造が可能と想定されていることから、その建造費を平成26年度の沖縄県の一括交付金の予算額1,759億円から捻出することを検討していただくことが可能か、それが困難な場合は、平成27年度の一括交付金から捻出するなどの思い切った政策の展開が必要だ。


(万国津梁機構理事長 仲里嘉彦)

posted by 春夏秋冬 at 07:13| Comment(0) | 本部半島国際リゾート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

「本部半島国際リゾート拠点開発構想に関する趣意書」その7

「本部半島国際リゾート拠点開発構想に

関する趣意書」その7


次に、私が9月7日に沖縄タイムスの論壇に投稿した伊江島空港と羽田空港および那覇空港との定期便就航に関する基本的な考えを示しておりますので、それを収録致しました。


伊江島空港に定期便を


海洋博公園まで船でアクセス


海その望ましい未来をテーマに、国際条約に基づく沖縄国際海洋博覧会が復帰記念事業の一環として、昭和50720日から昭和51118日までの6カ月間にわたって本部の本会場において開催されたが、総事業費は2,371億円の巨額を投資、本会場の建設をはじめ、名護市許田から石川までの沖縄自動車道の建設および国道58号の拡幅工事と沖縄県管理の1,500bの伊江島空港が整備され、海洋博覧会開催期間中は、那覇空港から伊江島空港まで定期便が就航したものの海洋博後の景気低迷もあり、昭和52年2月に定期便の運航が休止され今日に至っている。


現在、伊江島空港は土日などを利用して小型機が伊江島空港を利用しているが、ここで伊江島空港の定期便就航に向けて大胆な政策を展開することにより、地域活性化のみならず、わが沖縄県のリーディング産業であるリゾート観光の一層の振興を図ることが求めら


(万国津梁機構理事長 仲里嘉彦)

posted by 春夏秋冬 at 08:13| Comment(0) | 本部半島国際リゾート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。