2014年09月09日

東京のさくら名所今昔 その134

東京のさくら名所今昔 その134



その管理は連邦政府の一部局であるナショナル・パーク・サービスの一部門に属する首都公園部が担当し、枯枝、病枝の剪定、化学薬品の散布が、それぞれ2回行われているという。


その保存のよさの理由について担当者との意見交換によって得た結論は、次のとおりであった(1972年、加藤書久氏)。


⑴ 管理体制の明確性。


1912年の桜の日本からの輸入以来、首都ワシントンの桜ということもあって、一貫して、連邦政府がその維持管理を行ってきたこと。


⑵ 戦争の影響。


第2次大戦中、日本国内の桜の受けた被害は大きく、管理も充分行われなかった。


しかし戦後20年もすれば、やる気さえあれば、復旧は充分に行われたはずである。


いずれにしても、ワシントンでは、一貫して保護が行われ、戦争中も中断することがなかったこと。


⑶ 観光資源として重要視。


ワシントンの桜まつりは、同市最大の年中行事の1つであり、多くの観光客を集め、市民が桜を観光資源として重要視していること。


⑷ 大気汚染の影響。


政治、観光都市であり大工場を市内、近い周辺にもたないワシントンに比べ、東京は大気汚染の度合いが大きい。


大気汚染の桜等の樹木に与える影響は研究中であるが、その影響があることは確かであろう。

この異郷の地が桜の名所として、70年にわたり世界的名声を得ていることに思いをはせて本稿の結びとする。


(相関芳郎著 東京都公園協会監修による東京のさくら名所今昔より)


今回を持ちまして終了と致します。長い間ご愛読ありがとうございました。

posted by 春夏秋冬 at 07:56| Comment(0) | 東京のさくら名所今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

東京のさくら名所今昔 その133

東京のさくら名所今昔 その133



その苗づくりはまずネマトーダなどの寄生のない接木用台木の山桜を、兵庫県から入手することからはじめられた。


これに接木をする種木は荒川の五色桜の中からその12月に採取し、青酸ガス燻蒸の上埋蔵し、翌明治44年2月に切接ぎが神奈川にある興津の園芸試験場で行われた。


その後無菌の場所で船積まで約10ケ月培養されている。


そして1912(明治45)年2月に横浜港で船づみされたのは、染井吉野1,800本と里桜111,300本で、今回は着後の植物検査にも賞讃された程の健全木であったという。


その3月27日には大統領夫人と日本大使夫人によって、植樹の式が行われて今日に至ったものである。


現在は池畔に約650本があり、その90パーセントが染井吉野で、残りは1920(大正9)年にアメリカで改良された、淡紅色の曙桜である。


この両種の満開日は平均的に4月5日であるという。


同時に贈られた里桜は南にあたる東ポトマック公園に植えられ、現存するのは関山、滝匂、彼岸、紅彼岸、十月桜の6種であるとのことである。


桜は本来できることなら実生が最も寿命が長い。


接ぎ木をするには、今の日本のごとく活着は容易でも、寿命が短くなるマザクラ(真桜)でなく山桜を台木に用いるとよい。


その点このワシントンに渡ったものは山桜を台木に接ぎ木している。


また接ぎ穂も台木も健全なものを求め、しかも病虫害を恐れてガス燻蒸をし、無菌の地で培養されたものであった。


さらに植栽地における保護管理には制度上はもちろん、科学的にも道徳的にも万全であったものであろう。


(相関芳郎著 東京都公園協会監修による東京のさくら名所今昔より)

posted by 春夏秋冬 at 08:25| Comment(0) | 東京のさくら名所今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

東京のさくら名所今昔 その132

東京のさくら名所今昔 その132



それより2年後、ワシントン郊外即ちメリーランド州の森林の1割を物色し、そこを「森の中」と命名して、横浜植木に25種を注文した。(中略)


3年後1909年春には美しく元気よい花をつけた。


この花はシドモア嬢に一層確信を与え、その最適地としてワシントン記念碑傍の車道に沿って水際に植栽することに意見が一致した。

一方シドモア嬢は時の大統領タフト氏夫人を動かし、公園当局にワシントン記念碑傍の車道に適当なる樹木を植栽させることゝなった。

その後間もなく東京市長がタフト夫人のワシントンに対する計画を賛助するため、同夫人に2,000本を寄贈の話があった。

その到着に対する準備を整える任を自分が引うけた(下略)(森脇竜雄氏抄訳)。


現在植えられているものは、第1次の1909(明治42)年の輸送のものでなく、その3年後に改めて贈られたものである。


はじめのもの2,000本はカイガラムシ、ネマトーダ、ほかの病害虫着生のため全部焼却されたため、改めて送られた健全苗である。


(相関芳郎著 東京都公園協会監修による東京のさくら名所今昔より)

posted by 春夏秋冬 at 07:18| Comment(0) | 東京のさくら名所今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。