2014年12月08日

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その604

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その604


 吉田 その科学技術や農業、教育、文化についてもその元になっているが、その辺についてもあまり解明されていない。尚益王が三ツ口であったがために、進貢便に高嶺明徳が渡って麻酔の技術を学び、その技術でもって三ツ口をなおしたという歴史があるんですよ。


それに華岡青洲の伝記をみるとその100年前にすでに麻酔の技術はあったわけです。


高嶺明達の祖先にあたる方が高嶺明徳ですよ。そのようなことについて何も解明されていない。


その時代を想い出してみると、沖縄というのは大変おもしろい位置を占めている。


例えば明治時代の薩摩の財政というものは、沖縄が海外貿易によって得たもの全部収奪した。


それから薩摩は海軍が強かったでしょう。あれは沖縄を通じて外国の船の技術や船を購入した。


明治維新のことを考えると沖縄に最敬礼すべしと鹿児島の人々が言うんですよね。


そういった時代を考えてみると14世紀から16世紀にかけて沖縄は黄金時代ですよ。


そのような時代がもう一度来るかどうかを僕は期待している。


それは国や沖縄県の努力次第だと思っている。

第2期黄金時代が来る可能性は十分あるとみている。

西銘知事は是非やってほしいと思っている。


沖縄返還の時に山野さん達がつくった要綱の中に日本の南の玄関に位置すると規定したでしょう。


あれをもう一度思い返して、南北間題を取り扱うと南の北である。


東京のシツポではないと理解していくと今まで想いつかなかったことが想いつくんじゃないかと考えている。


ソフト、ハードの面でケンカしながら第3次振計を僕はやってほしいと思う。


(平成91025()春夏秋冬社発行の「壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像」より)

posted by 春夏秋冬 at 07:19| Comment(0) | 壮大なる沖縄ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その603

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その603



 司会 それから発想の転換という話も出ましたが、これは15世紀から16世紀にかけて沖縄が南方との交易によって繁栄した輝かしい歴史を蘇らさせて行く必要があると判断を致しております。


去る4月17日にはわが国では9番目の国際センターが浦添市前田にオープン致しました。


それを1つの契機として昔、南方との交易によって栄えた時代を蘇さすことが必要だと思いますので、どうか吉田先生よりお話願いたいと思います。


 吉田 首里正殿にかかげられた鐘の文言について一般的に知らされていない。


沖縄内部においても知られていないことは残念なことですが、車の輪の片方を日本、片方は中国を表わし、その間に湧出する蓬来の島とあるんですよ。


舟をもって万国の架け橋となす。

異産至宝十方刺に充満すと偉そうに書いてある。


それが15世紀で、その前からつづいているんですね。

これは大阪堺や長崎の比ではない。


例えば華岡清州が麻酔を使ったと書いてあるが、その100年前にすでに沖縄では麻酔を使用した実績があるんですよ。


それからサツマイモと称しているが、あれは野囲總管が中国から沖縄に持ち帰って沖縄で栽培されたものであるし、またカンボジアからはじめて輸入して普及させたカボチャについても沖縄が最も古いわけですよ。


 それから、寺小屋時代に使われた六論衍義という本があります。


これは日本の国定教科書として使われている。あれは室鳩巣に和訳させて、それはよいということで江戸幕府が採用した。


(平成91025()春夏秋冬社発行の「壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像」より)

posted by 春夏秋冬 at 08:03| Comment(0) | 壮大なる沖縄ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その602

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その602



 藤仲 いや、それは考えているんですよ。

今イベントをいろいろ考えておりまして、積極的に誘致しようとその柱を考えているんですよ。


それも非常に広くやって行こうと計画を立てているんです。


今、宮古ではトライアスロンをやることになっていますでしょう。


ああいうものを定着させるようにすればいいですね。それは産業でもスポーツでも観光でも何でも沖縄のためによいと思うんですね。これは何も経済的な面だけではなくて、今おっしゃいましたように情報とか技術とかいろんな人的な交流を深めていく上でも重要だと思うんですね。


アセアンとの交流もよいんですが、本土とのソフトの交流がもっとあってよいと思うんですね。


 司会 それではこの辺で吉田先生からお話願いまして、あと事務次官も11時半までということでございますのでまとめて藤仲事務次官からお話をして頂いて、あと時間が許しましたら座談会を続行させて頂きたいと思います。


余談になりますが、今からちょうど3年前に大分県の平松知事が1村1品運動を展開致しました時に大分県に伺い致しまして勉強を致しましたことは、1村1品運動ではありませんが、沖縄県の53市町村の事業活動をつぶさに報道し、それによって各市町村に競争心理を働かせて、各地方自治体に活力を与えるために自治新報という月刊誌をつくったいきさつがあります。


これが私に与えられた使命だと思いまして、昭和58年6月に創刊号を出して今日に至っているわけでございます。


それは余談になりましたが、いずれに致しましても国の財政事情は今後ともかなり厳しい状況下にあると思いますし、また沖縄の方においては学校施設につきましても体育館に至るまで殆ど出来てきた。


そのほか道路、港湾等についてもだいたい整備が進んできた。


そう致しますとあとは沖縄の民間企業の活力をどう引き出していくかが大きな課題であると同時に、県および市町村の職員の質の向上を図るよう努力をしていく必要があると思います。


(平成91025()春夏秋冬社発行の「壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像」より)

posted by 春夏秋冬 at 07:51| Comment(0) | 壮大なる沖縄ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。