2012年02月04日

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその43

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその43

6) コミュニティサイクル(公共の自転車共有システム)


世界的に自転車の活用が注目されている。環境にやさしく、安心して歩いて暮らせるまちづくりにおいて、自転車を共有して使うコミュニティサイクルは、暮らす人だけでなく来街者にとっても有効といえる。


基地跡地は駅から遠くても11.5km の範囲で、徒歩でも移動可能ではあるが、手軽でより快適に移動できる交通手段として、コミュニティサイクルを面的に導入する。


コミュニティサイクル(公共の自転車共有システム)は、複数のサイクルポート(自転車貸し出し拠点)の間ではどこで借りてもどこに返しても良い仕組みで、観光客の街歩きにも便利に利用されている。

また、事業面でも民間企業による提供が実現していることから、導入が容易といえる。


施設的には1020 台程度のサイクルポートを、都心地区はもとより、リゾート地区、研究交流地区あるいはLRT
電停脇など、分散させて設置する。

                                                                         (沖縄県より)



posted by 春夏秋冬 at 06:45| Comment(0) | 公共交通を中心とした基地跡地まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその42

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその42


5)
パーク&ライド用駐車場、都心地区フリンジパーキング


自動車利用から鉄道利用への転換を促進するために、各駅にパーク&ライド用の駐車施設を整備する。駐車場の規模は、数百台規模が想定される。平日利用が多くなることから、専用駐車場の他、大規模商業施設の駐車場(休日利用が中心)との共用により実質的な利用台数を確保したり、鉄道と駐車料金をセットにした定期券販売など、転換促進策を併せて導入する。


都心地区フリンジパーキングは、普天間中央駅を核に形成される新都心地区に流入する自動車交通を抑制する目的で設置を計画する。また、ここにはカーシェアリングのターミナルも設け、基地跡地内での車利用者にも、車による直接来街から、鉄道駅〜カーシェアリングターミナル〜車という交通スタイルを提案していく。


【県民の行動イメージ】


●中城村の那覇都心に通勤するAさん(以前は車通勤で、朝のラッシュに所要時間も予測できず、辟易としていた)


→自宅から普天間中央駅に隣接したパーク&ライド用駐車場へ車で15 分。鉄道利用で那覇市都心のオフィスまで快適に20 分。車通勤より30 分近く通勤時間が短く楽々通勤。


駐車場料金は鉄道料金とセットで割安になっている。

                                                                         (沖縄県より)

posted by 春夏秋冬 at 06:47| Comment(0) | 公共交通を中心とした基地跡地まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその41

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその41


4)
並松街道


地域の歴史的景観でもある並松街道の復元を目指す。配置は旧街道とは若干東側による位置となるが、普天間駅から、基地跡地を南北に貫くシンボル的な道路として計画する。


普天間駅から普天間中央駅までの区間は、幅員10m の歩車共存道路として松並木を両側に植栽した並木道とする。普天間中央駅から南側は、中央部にLRT を導入した幅員20m の歩車共存道路とし、LRT 軌道に沿って松並木を植栽する構成とする。


並松街道は、単に松並木の復元にとどまらず、沿道のまちづくりも伝統ある集落の雰囲気を感じさせるようにデザイン誘導し、並松街道自体が都市観光スポットとなるよう整備する。


【県民の行動イメージ】


●国道330 号沿いに住むGさん、日曜日の今日、買い物に出かける(以前は車で大規模なショッピングセンターに行っていた。駐車待ちで大変だった)


→今日はさわやかな天気なので、公園道路を散歩しながら、新都心のショッピングセンターへ。途中並松街道入口の喫茶店のテラスでお茶しながら街を眺める。街道のなつかしい風景を目当てに、ずいぶんと観光客が増えてきた。松並木の中をLRT が走る景観は全国的にも珍しい。芝生軌道の緑も鮮やかだ。ショッピングセンターで買い物、荷物は当日配達で頼み、食事をしてから、新都心の中を自転車で散歩。自宅近くのサイクルポートへ帰る。

                                     (沖縄県より)

posted by 春夏秋冬 at 07:09| Comment(0) | 公共交通を中心とした基地跡地まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。