2012年02月11日

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその49

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその49


F 
鉄道と地区幹線道路

・鉄道は、南北方向の地区幹線道路内への導入(建設)を想定する。


・基地跡地地区内では高架構造形式が基本となるが、隣接区間との縦断計画の関係から一部は掘割構造形式の区間(景観上、可能な限りBOX構造とする)も想定される。


G LRTの専用区間のイメージ


LRTは道路内に軌道を設置する併用区間と、専用軌道を設ける区間が考えられる。


・専用区間は、交通結節地区内と(仮)南北主要幹線道路東側の区間である。交通結節地区内区間は、沿道のまちと一体となったLRTと歩行者共存のトランジットモールを想定し、(仮)南北主要幹線道路東側区間は、道路の西側が公園の緑となることか
ら、LRTも芝生軌道として整備し、緑の環境形成を図る。

・併用軌道区間については、緑陰道路、並松街道の項で示す。

                                                                          (沖縄県より)

posted by 春夏秋冬 at 06:16| Comment(0) | 公共交通を中心とした基地跡地まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその48

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその48


D
 
戸建て住宅地区のイメージ

・戸建て住宅地区は、基地跡地の外周にある一般住宅地のイメージである。


・各住宅については、環境配慮型住宅への誘導を図り、地域としてスマートグリッドを活用したり、家庭用燃料電池設備り組み、街全体で低炭素型都市づくりを日拒す。


・また、カーシェアリングシステムやエコカー導入支援を行うことも有効である。


E
 
スーパー・エコ・プラントゾーンのイメージ

・スーパー・エコ・プラントは、供給処理関連施設を集約的に整備することで、それぞれの未利用エネルギーの活用や、再利用を合理的に行うことを目指した複合型のプラントをイメージしている。


・各施設は所管官庁の違いによる相互利用の制約も有り得るが、環境に特化したシステムの都市規模での実証実験としてとらえ、最先端の環境技術実験に取り組む。


・民間事業者から事業提案を受け、官民協調して事業化を図るものとするが、基本的な構成は、発電・エネルギー施設(スマートグリッド)、水処理・再利用施設、ごみ焼却・リサイクル施設、などの複合化が想定される。

                                     (沖縄県より)

posted by 春夏秋冬 at 06:42| Comment(0) | 公共交通を中心とした基地跡地まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその47

公共交通を中心とした基地跡地まちづくり基本計画検討調査報告書概要版シリーズその47


C.集合住宅地区のイメージ


・集合住宅地区は、都市拠点ゾーンの外周に1ha程度の街区規模で配置する。街区 は一体、あるいは区分して開発が、美い街並みの形成を目標に協調した開発を誘導する。


・街並みイメージは、欧州に見られるような、中庭を囲む街区型まちづくりとする・地区の容積率は200%を想定し、6階建て程度で街並みを統一、道路側に建物の正面デザイン(ファサード)を向けるものとし、中庭は居住者の憩いの空間として利用する形態とする。沖縄では気候条件から、本土に比べると住宅の南向き志向が高くないこともあり、街区塑集合住宅の優位性は高いと考えられる。


建物は環境配慮型の性能を持ったエコ・ビルを誘導する。

                                                                          (沖縄県より)

posted by 春夏秋冬 at 06:38| Comment(0) | 公共交通を中心とした基地跡地まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。