2012年02月23日

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその55

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその55


DTDM施策、MMの推進


(a)
バスサービス改善施策の展開


バスによる移動性の向上を図るため、バスの走行性、運行形態、他交通手段との結節性拡大等の施策展開を図る。


・バスレーンの拡充等によるバスの走行性改善


・バスロケーションシステムの拡充


・事業所が集中する地域におけるサイクルアンドライドシステムの促進


・基幹バスシステム導入等バス運行体系の見直し


・高速バスを活用したパークアンドライドシステムの推進 等


(b)
相乗り施策、時差出勤施策の検討、拡大


大規模な事業所が集中している地域では、ピーク時に集中する自動車量の削減等を図る施策を展開する。


・郊外部大規模事業所を対象とした相乗り施策の推進


・都心部事業所を中心にした時差出勤施策の促進 等


(c)
MM 施策の検討、展開


公共交通の利用促進、移動性向上に向けて、住民、学校、事業所等とのあらゆる
MM 施策を推進する。


・住民、転入者を対象とした
MM の推進


・学校
MM の推進


・大規模事業所や都心部等における事業所
MMの推進


・都市モノレール沿線居住者に対する
MM の推進 等


E クリーンエネルギー等次世代自動車の普及促進


地球温暖化防止対策の観点から、
CO
2 の発生源である自動車において、環境にやさしい次世代自動車等の普及を促進する。

EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド自動車)等の普及促進


・次世代自動車用のインフラ整備(急速充電器の設置等)


TDM
:交通需要マネジメント(Transportation Demand Management)の頭文字をとったもので、車利用者の交通行動の変更を促すことにより、都市や地域レベルの道路交通混雑を緩和する手法である。

MM
:モビリティ・マネジメントは、土木学会編著「モビリティ・マネジメント(MM)の手引き〜自動車と公共交通の「かしこい」使い方を考えるための交通施策〜」平成17 5 月において、「ひとり一人のモビリティ(移動)が、社会的にも個人的にも望ましい方向に自発的に変化することを促す、コミュニケーションを中心とした交通政策」と定義されている。
(沖縄県企画部交通政策課より)

posted by 春夏秋冬 at 06:15| Comment(0) | 沖縄県総合交通体系基本計画(案) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその54

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその54


C 集約型都市構造の誘導及び拠点地域を育成する交通体系の整備


(a)
集約型市街地を形成する交通体系の整備


集約型市街地間の利便性の高い移動や基地跡地との連携を支える交通ネットワークを構築。


・集約型市街地を形成する骨格的な幹線道路網や地区内の幹線道路の整備


・集約型市街地内の移動を支援するバス交通体系の展開 等


(b)
都心の賑わいと魅力を高める交通システムの導入の促進


那覇、沖縄、名護等の都心部は、人間優先の街づくり、歩いて暮らせる街づくりを通して活性化を図るよう、各地域の街づくりと連動した多様な都心交通システムの導入を促進する。


・那覇、沖縄の都心部は、地域のまちづくりと連動し、多様な交通システムが複合的に連携する総合交通結節点として整備


・ゆとりある歩行空間の確保等、人間優先の道路空間の活用(トランジットモールや歩道拡幅等)


・都心地域への自動車乗り入れ規制や駐車場政策(フリンジパーキングなど)等の導入


・都心地域内の周遊型公共交通システム(地区内の施設間循環バス等)の整備


・都心地域における歩行者、自転車ネットワークの整備 等


(c)
基地跡地の拠点化を誘導する交通システムの導入


基地跡地の街づくりとの連動や自然環境、地域資源と調和が図られた先進型の地区内交通システムを導入する。


・基地跡地の街づくりと連動した鉄軌道を含む新たな公共交通システムの導入


・地区内移動システムの導入


・基地跡地と周辺市街地の連携を図る交通ネットワークの導入


・地域の歴史、資源、自然に調和した沿道景観配慮型道路網計画の策定 等

(沖縄県企画部交通政策課より)

posted by 春夏秋冬 at 06:44| Comment(0) | 沖縄県総合交通体系基本計画(案) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその53

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその53


B 交通乗継利便性の向上


(a)
総合交通結節点の整備


空港、港湾、都心等の拠点地域では、多様な交通手段間を乗継抵抗が少なく(シームレス)、かつスムーズに移動できるよう結節機能の拡充を図る。


・那覇空港、那覇港における交通結節機能の拡充、整備


・拠点地域(那覇、沖縄、普天間)におけるシームレスな結節機能や公共交通を中心とした賑わいのあるまちづくりに資する魅力ある総合交通結節点の整備 等


(b)
地域交通結節点の整備


公共交通システムへの乗継利便性の向上を図るため、郊外部地域において様々な地域交通が乗継可能な地域交通結節機能の拡充を図る。


・都市モノレール延長や鉄軌道を含む新たな公共交通システム等の展開に併せた郊外部における主要な交通結節点の整備


・その他郊外駅等における地域交通との結節点整備(駐車場及び駐輪場、自転車駐輪場、タクシーのりば等) 等

(沖縄県企画部交通政策課より)

posted by 春夏秋冬 at 06:44| Comment(0) | 沖縄県総合交通体系基本計画(案) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。