2012年02月26日

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその58

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその58


B 離島地域内の交通体系の整備


島民の日常生活の支援にあたっては、一部の都市化が進んだ地域での基盤整備の推進を図りつつも、離島の定住環境の向上に資するよう、住民ニーズに柔軟に対応する質的な交通サービス面の拡充を中心とした交通体系の拡充を図る。


・高齢者にも配慮した交通システムの展開(
ICT 等を活用したデマンド交通システムの導入に対する支援等)


・環境に配慮した交通システムの展開、クリーンエネルギー等次世代自動車の普及促進


・離島架橋を含む道路の整備


竹富南航路の延伸及び拡幅整備

・廃棄物処理の効率化を図るための運搬ルートの合理化の促進


C 交通コストの軽減


離島住民の定住条件の整備を図るため、割高となっている交通コストの軽減に向けた取組みを行う。


・離島航空路及び離島航路の運賃の低減


D
船舶・航空機の購入支援


離島航(空)路の経営改善、バリアフリー化等利用環境の改善を図るため、離島航(空)路に就航する船舶及び航空機の購入を支援する。


・船舶、航空機の購入補助制度の拡充

(沖縄県企画部交通政策課より)

posted by 春夏秋冬 at 07:41| Comment(0) | 沖縄県総合交通体系基本計画(案) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその57

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその57


 
(3)
施策の内容

@ 本島離島間の交通ネットワークの充実


2
次生活圏内において、全ての1 次生活圏(市町村、離島)から圏域内中心都市まで概ね1 時間での移動、圏域内中心都市から県土中心である那覇までの1 時間での移動を実現すべく、本島-離島間、離島間の航空路及び航路のネットワークを拡充するとともに、サービス水準の向上を図る。


・離島航空路の拡充(伊平屋空港、粟国空港と那覇空港を結ぶ航空路の定期化、航路需要に応じた適切な機材の導入等)


・離島航路の確保、維持、改善


・先島航路における移動対象者の拡大可能性の検討


・空港・港湾間アクセス機能の向上


・交通機関間の乗継を考慮した運航ダイヤの調整


A 離島空港、港湾の整備


(a)
離島空港の整備


本島離島間交通ネットワークを支える広域交通拠点を形成する。


・広域交通拠点の整備、機能強化(新石垣空港の整備及びアクセス交通の整備、伊平屋空港の整備等)


 
(b)
離島港湾の機能強化


海上交通の安全性・安定性の更なる向上(欠航率の改善等)、質の高い観光リゾート地の形成、輸送需要、耐震・防災機能強化等に対応した港湾機能の向上及び新たな港湾施設等を整備する。


・宮古圏域の交流拠点である平良港の機能強化(漲水地区ふ頭再編整備など、船舶の大型化、施設の老朽化及び大地震に対応した港湾機能の強化)


・八重山圏域の交流拠点である石垣港の機能強化(輸送需要の増大及び大規模地震に対応した港湾整備、効率的な物流機能の強化)


・生活航路の安全及び安定的な運航を確保するための港湾整備(粟国港、泊港)


・マリーナ・人工ビーチ等の質の高い海洋レジャー環境の整備


・浮桟橋、架道橋の整備

(沖縄県企画部交通政策課より)

posted by 春夏秋冬 at 09:23| Comment(0) | 沖縄県総合交通体系基本計画(案) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその56

沖縄県総合交通体系基本計画(案)シリーズその56


5-2-4
離島地域の生活を支える交通体系

(1) 計画の方針


離島地域が、一定の圏域のなかで定住条件が確保できるよう、本島-離島間、離島間の利用がしやすく、かつ安定的な交通ネットワークを確保する。


具体的には、専門医療、高等学校教育、商業、文化等の機能を中心部に持つつの圏域(2 次生活圏:北部圏域、中南部圏域、宮古圏域、八重山圏域)において、構成する全ての1 次生活圏(市町村、離島)が、圏域内中心都市(那覇市、沖縄市、名護市、宮古島市、石垣市)まで概ね1 時間での移動が、安定的に可能となる交通ネットワークを構築する。


また、県土全体に高次な都市機能をサービスするため、那覇市と圏域内中心都市間で概ね1 時間での移動が可能となる交通ネットワークを構築する。


さらに、過疎化、高齢化が著しい地域では、島内におけるニーズに対応した柔軟な地域交通システムの展開を図る。


割高な交通コストの軽減に向けた取組みを行うと共に、離島航(空)路に就航する船舶及び
航空機の購入についても支援する。

以上、離島住民にとって利用しやすく、かつ安定的な交通ネットワークの確保が、離島観光の魅力向上、離島における観光振興にもつながる

(2)
施策の体系


離島地域の生活を支える交通体系


@
本島離島間の交通ネットワークの充実

A 
離島空港、港湾の整備

B 
離島地域内の交通体系の整備

C 
交通コストの軽減

D 
船舶・航空機の購入支援

(沖縄県企画部交通政策課より)


posted by 春夏秋冬 at 07:16| Comment(0) | 沖縄県総合交通体系基本計画(案) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。