2021年02月25日

わが国の偉人


沖縄県の小・中・高・大学生の各年齢層はもとより、一般県民の知識の泉・わが国の政治・経済・教育・文化・科学・スポーツ・芸術など各分野のトップクラス約15,000人を網羅した日本人名事典が三省堂から発行されているが、その中からさらに厳選して紹介することにより、歴史に関する知識が豊富となり、それが人生設計の羅針盤となればという思いから11月24日より連載することにした。(50音順)



そ の 92


鮎川義介 (あゆかわ よしすけ)18801967(明治13〜昭和42)大正・昭和期の実業家・政治家。久原房之介の義兄。生・山口県。学・東大。

日産コンツェルンの創設者。はじめ芝浦製作所に勤め、のちアメリカに渡りグルトーカプラー社で可鍛鋳鉄製作技術を研究して帰国。

1910(明治43)井上馨の援助で戸畑鋳物株式会社を設立した。

20(大正9)久原房之助より久原鉱業を中心とする系列企業の経営を引きつぎ、’28(昭和3)同社を日本産業株式会社と改称して社長になるとともに、日産自動車・日立電力・日本鉱業等の各社をも掌握、日産コンツェルンを形成した。

満州事変後の軍需インフレを利用し重化学工業分野の多角経営につとめ、金融・繊維・セメントを除く全分野に進出、新興財閥と称された。

37以降旧財閥に先んじて軍部と提携して満州(中国東北部)に日産を移駐し、満州重工業開発会社と改称、大陸の開発経営に従った。

敗戦後、戦犯に指名され公職追放。

51追放解除後、ただちに中小企業助成会長となり、’53参院議員に当選。

56日本中小企業政治連盟を結成して総裁となり,’5711月の臨時国会でこれを屈強の圧力団体として使い、中小企業団体組織法を成立させた。

さらに日本農林漁業政治連盟総裁に就任。

59選挙法違反の容疑で息子の鮎川金次郎とともに参院議員を辞した。



               元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番−9

               TEL098−8768896 FAX0988768473

posted by 春夏秋冬 at 06:09| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: