2021年01月16日

沖縄県の著名人


沖縄県の政治・経済・社会・芸能・文化等各界の著名な人物や地名の由来、建造物、制度上の名称等について、沖縄タイムス社発行の「沖縄大百科事典」より令和3年1月16日から連載で紹介する。


そ の 1


アーニー・パイル Ernie  Pyle 1900831945418 米ジャーナリスト。インディアナ州の小作農家に生まれる。


1919年、インディアナ大学に入学したが、卒業直前に退学、新聞記者となる。のちワシントンに出て、コラムニストとして名をなした。


第二次大戦勃発後,従軍記者としてヨーロッパ、アフリカ、太平洋の各戦線で活躍、ノルマンディ作戦では負傷した。戦場から人間味あふれるコラムを送り、全米の読者を感動させた。


沖縄戦では、4541日、海兵隊とともに読谷(よみたん)村に上陸、そのご最後の取材のため伊江島に上陸したが、日本軍狙撃兵の機関銃弾にたおれ殉職した。彼のコラム記事は『GI.ジョー』『これが戦争だ』『最後の章』(1950)などにまとめられている。



               元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番−9

               TEL098−8768896 FAX0988768473

posted by 春夏秋冬 at 06:57| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: