2021年01月12日

歴代沖縄県知事紹介



 歴代沖縄県知事紹介




第5代沖縄県知事 


稲嶺恵一(いなみね けいいち)1933年(昭和8年)1014日)は、日本の実業家、元政治家(沖縄県知事)。沖縄県国頭郡本部町出身。父は、琉球石油(現・りゅうせき)創業者で元参議院議員の稲嶺一郎。旭日重光章。報道などでは新字体を用い稲嶺恵一とも表記される。


・関東州大連(現中国遼寧省)出身。1957年(昭和32年)慶應義塾大学経済学部を卒業、いすゞ自動車に入社。


1973年(昭和48年)父・一郎が創業した琉球石油(現・りゆうせき)に転じ、1974年(昭和49年)取締役を経て、1986年(昭和61年)社長、平成5年会長、及びりゆうせきネットワーク会議議長。同年、南西航空(現・日本トランスオーシャン航空)会長を兼任。


1989年(平成元年)沖縄経済同友会特別幹事、沖縄県冷蔵倉庫協会会長、沖縄自由貿易地域事業者協会副会長、地域産業技術振興協会理事長、1991年(平成3年)沖縄県経営者協会会長、1994年(平成6年)沖縄県青年海外協力隊を支援する会会長、1996年(平成8年)沖縄懇話会代表幹事などを歴任。


1998年(平成10年)、沖縄県知事選に立候補し現職の大田昌秀と世界経済共同体党の又吉光雄を破り初当選。公明党は表向き自主投票ながら大田支援の構えを見せていたが、実質的に稲嶺を支援。自公連立の試金石になったといわれている。


 ・2002年(平成14年)の選挙では、再び立候補した又吉に加え、吉元政矩、新垣繁信も破り再選。

2006年(平成18年)の選挙には立候補せず、同年123日に退任(任期満了は129日)。


2008年(平成20年)11月、旭日重光章を受ける。

 知事時代の功績には、2000年に開催された九州・沖縄サミットの誘致と二千円札、(弐千円券)の発行、沖縄都市モノレール線の開通などがある。 

出典:フリー百科事典『ウイキペディア(Wikipedia)』


元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番−9

TEL0988768896FAX0988768473

posted by 春夏秋冬 at 06:38| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: