2020年09月19日

2050年北部圏域人口50万人の田園都市建設構想






2050年北部圏域人口50

万人の田園都市建設構想

                               (その12)


 ―― そうですね。CTS基地は沖縄経済発展に、それほど貢献していないと思いますね。

 橋本相談役 復帰直後ですから、沖縄経済はまだ基地経済に大きく依存しているという感じでありました。

 ―― おっしゃる通り、戦後の沖縄経済は基地依存経済でありましたし、復帰直後は、現在と違いまして大きく基地に依存した経済体質であったといえます。

 橋本相談役 基地経済体制下にあるという気風が、私が沖縄に行った頃までは残っておりましたし、沖縄の純朴な人の気持が半分、基地に頼る気持が半分という感じで、好悪両方を持っているという感じを受けましたね……。

 いただきものの経済といいますか、進駐軍に頼ってくらしているという気持が抜けないと、産業の自立というのは難しいわけです。そのような諸々の理由から、私は沖縄の目先をよくするためには、観光立県を考えなければいけないのではないかと考えたわけです。そのときの印象につきましては、現在も鮮明に憶えております。

 それから海岸一帯に、防潮、防風林として植栽されていますアダンという植物は、異国情緒があって大変よいですね。そのアダンを工夫して植栽すれば、もっとよくなるという思いを致しました。

 その頃の沖縄は、ホテルの施設がそれほど建設されておりませんで、せいぜい那覇東急ホテルぐらいでした。それから沖縄のレストラン等もまわりまして、食事をしたり致しましたが、食事とかメニューは、まだ観光客に満足して頂ける内容のものではないという感じを受けました。

 現在では、沖縄の食事は健康食として、本土においては大変人気が出てきておりますが、素材は沖縄にいっぱいあるわけですから、それを工夫してメニューとして出せば、本土からの観光客もさらに増えるのではないかという感じを受けました。

 ―― 橋本相談役からは、20年近くも前のお話をされておられるわけですが、アダンに致しましても、食事に致しましても、いろいろと工夫すれば、もっと沖縄が全国からクローズアップされると思いますし、また、20年前に橋本相談役が感じられましたことが、現在においても課題になっていることを考えますと、一度だけの沖縄訪問でよく沖縄の特性をみておられるなあ……という感じをしているわけです。

 とくに、最近においては海岸線はコンクリートブロック等で護岸をつくりまして、陸域と海域がこの護岸で遮断されまして、水辺空間を楽しむウォーターフロント的なものが失われつつありますし、陸域と海域の一体感を蘇生させることが求められております。このアダンの植栽というご提言は大変貴重であると私も考えております。

 橋本相談役が新鮮な感覚で、沖縄を実際にごらんになられ、そこで生活している人間よりも的確にその現実をみておられるということになると思います。

              元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

posted by 春夏秋冬 at 10:15| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: