2015年09月16日

信義を重んじ倫理に基づき清く美しく逞しく沖縄づくりを目指そうそのB

信義を重んじ倫理に基づき清く美しく逞しく

沖縄づくりを目指そうそのB


北部振興事業が普天間飛行場の辺野古移設を

条件とした事業であることを知らない多くの県民


政府の北部振興事業については、県議会や市町村議会等においても殆んど議題として取り上げられず、沖縄タイムス、琉球新報の地元2紙においても北部振興事業に関連した記事が極端に少ないため、県民多数は普天間飛行場の辺野古への移設を条件に北部振興事業が実施されている事実を殆んど知らされていない。


私共万国津梁機構による定例講演会が県立博物館・美術館においても開催された際、私が普天間飛行場の辺野古移設受け入れを条件に北部振興事業が実施されたことを講演で話をするとそれはまったく知らないことであるという驚きの声があったり、県民の殆んどその事実を知らない。


従って、普天間飛行場の辺野古移設は単に無条件で計画されているというのが一般的な理解であり、辺野古への基地建設を条件に北部振興事業が実施されたという事実を知れば、信義上からも道義的にも苦渋の選択として受け入れざるを得ないと考える県民も多数いと思われる。


社会の木鐸たる新聞が事実を報道しない姿勢こそが健全なる県民世論を形成していく上で、大きな阻害要因となっていることを指摘せざるを得ない。


万国津梁機構 理事長仲里嘉彦



 同上の記事にご賛同の方々のご意見をお寄せ頂きますようお願い申し上げます。

mail:mail@bankokushinryou-kikou.com


posted by 春夏秋冬 at 07:21| Comment(0) | 今週の仲里嘉彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。