2015年09月15日

信義を重んじ倫理に基づき清く美しく逞しく沖縄づくりを目指そうそのA

信義を重んじ倫理に基づき清く美しく逞しく沖縄づくりを目指そうそのA


法定闘争必至の情勢・翁長知事辺野古埋め立て取り消し表明


翁長知事は14日県庁で記者会見を行い、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う埋め立て承認の取り消しを表明したことにより、政府と県が今後法廷において全面的に争うことは必至の情勢となった。


14日県は、沖縄防衛局に意見聴取を行う通知を届けた。


意見聴取は今月28日に聞き、内容を精査したうえ、10月中旬に辺野古の公有水面埋め立て取り消し予定となっている。


この基地問題が国と県との間で裁判で争うことになれば、解決には長期間要するばかりではなく、国と県との信頼関係がますます険悪となり、沖縄の今後の振興策にも影響を及ぼすことが憂慮され、法廷闘争に持ち込まないよう、国と県は何らかの対策を講ずるべきである。


万国津梁機構 理事長仲里嘉彦



 同上の記事にご賛同の方々のご意見をお寄せ頂きますようお願い申し上げます。


mail:mail@bankokushinryou-kikou.com

posted by 春夏秋冬 at 07:01| Comment(0) | 今週の仲里嘉彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。