2014年11月28日

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン


第4章 法人税10年・ゼロのシリコンバレー特区

    及び学園特区の創設を その24


そうすれば、沖縄科学技術大学院大学を柱として、その周辺に研究機関やシンクタンクが集積することにより、同大学院と共同研究や、共同開発等によって、益々大学院大学のグレードがアップし、世界に先端技術を発信する拠点地区として、科学技術都市が誕生することにもなる。


さいわいに、2013年6月14日に閣議決定した成長戦略・骨太方針においては 「沖縄科学技術大学院大学等を核としたグローバルな知的産業クラスターの形成を進める」ことが盛り込まれるなど政府の政策として、位置づけられた意義は大きく、沖縄の将来に大きな展望が開けてくることが期待できることになった。


また、世界最高水準を目指した沖縄科学技術大学院大学についても、同大学院を核にしたグローバルな知的産業クラスターの形成が盛り込まれているため、シリコンバレー特区同様、沖縄科学技術大学院大学を核とした学園特区には海外から進出するシンクタンクや研究機関についても10十年間の法人税を免除するといった大胆な戦略特区の創設を期待するものである。


つくば学園都市は、学者が1万人集積しているといわれているが、沖縄の場合は恩納村、名護市、金武町、宜野座村の4市町村にまたがる広大な面積を学園特区として指定すれば、つくば学園都市の3倍の3万人の学者が集積する方向で政策を打ち出して頂きたい。


そうすれば、3万人の学者と、その家族を含めるとおよそ10万人の生活空間が創出されることになる。


(仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン「第4章」より)

posted by 春夏秋冬 at 07:36| Comment(0) | 仲里グランドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。