2014年11月28日

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その598

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その598


 加藤 例えば熱帯医学の面については単的な例と思いますが、熱帯医学について日本の先生が日本人に教えてもあまり意味がないわけです。東南アジアの学生と一緒になって教えることによって臨床的なことを含めた熱帯医学の勉強が出来ると思うんです。


だからそういう形にするために日本唯一の国際大学に持っていくのが1つの方法ではないかと思っているわけです。それは矢張り国際交流の実をあげるためにも1つの手段として、特殊の大学に持っていくべきだと考えているんですよ。


 山野 それに関連して藤仲さんね。私は第2次振計後期には府県、市町村職員の質の問題について申し上げてほしいと思いますね。私は沖縄返還のころからずーっとやってきて一番感ずるのは地方自治体の職員の資質を高めることだと思うんですよ。これには余り金はかかりませんよ。


今のように非常に変っていく行政、財政、それから社会経済の実態にあうように地域をひっぱって行くような優秀な職員を養成するということに、相当大きなウエイトを置いて貰うと計画が生き返って来るんですよ。


それで私は昭和28年公務員課長の時に自治大学校をつくるということで計画中なんです。


沖縄でもぜひ市町村の職員が積極的に前向きで地域を向上させるための仕事に取り組むような知識と企画と人間づくりを是非やって貰いたいと思いますね。


 藤仲 同感ですね。


(平成91025()春夏秋冬社発行の「壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像」より)

posted by 春夏秋冬 at 07:31| Comment(0) | 壮大なる沖縄ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。