2014年10月31日

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン


第4章 法人税10年・ゼロのシリコンバレー特区

    及び学園特区の創設を その15


強力な投資誘致インセンティブ(雇用・教育・生活環境に対する助成)

外国投資企業に対しては、土地・インフラに対する助成だけでなく、雇用補助金、教育訓練金への補助金が用意されている。


また、海外からの居住を安定させるため、教育・医療・住宅などを支援し、外国人への助成措置がある。


海外からの投資を通じて、国内雇用を増やす考え方が本制度にある。


強力な投資誘致インセンティブ(就航路線拡大のためのインセンティブ)

仁川国際空港は、新規路線を開発した航空会社に対して着陸料を1年間無料にするなど、増便や夜間便の利用航空会社にインセンティブ施策を導入している。


実際に近隣の中国内陸の空港に比べて着陸料自身が高く、中国からの路線を増やすことが1つの目的である。


インセンティブ策は、空港会社が自らの利益を削って行っており、政府の支援(補助金など)は全く無い。


(仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン「第4章」より)

posted by 春夏秋冬 at 07:07| Comment(0) | 仲里グランドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。