2014年09月30日

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン



第3章 世界のモデルとなる健康長寿国を目指した

    シルバータウン構想 その13


莫大な医療費軽減となるシルバータウン

わが国の2012年度における、国民の医療機関に支払った医療費は、約38兆円という巨額に達している。

これは2012年度のわが国の当初予算約92兆円からしても、いかに大きな金額であるかが分かる。


市町村においては、65歳以上の高齢者の年間の医療費が100万円を超えている自治体もあり、どうこれからの人生を健康で過ごすか、これは本人はもとより、家族としても、または国家という立場からも、生涯を健康であってほしいと願っていることである。


また健康であることが医療費の削減につながり、結果的には国家財政の面からもプラスになることである。


とくに積雪の多い北海道や、東北地方、信越、北陸などでは越冬入院が多く、それが医療費の増に結びついているという報告もある。


積雪地帯においては、毎年12月頃から翌年の3月頃までは、降雪によって、定年になった方々は、家の中でとじ込められ、外出の機会も少なく、それが足腰を弱める要因にもなっており、また、それが孤独感に苛まされることにもなるわけである。


しかし、それに比べ沖縄は、亜熱帯地方に属していることから、冬でも温暖で半袖で外に出て軽作業などが出来る環境にある。


(仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン「第3章」より)

posted by 春夏秋冬 at 07:02| Comment(0) | 仲里グランドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。