2014年04月30日

東京のさくら名所今昔 その40

東京のさくら名所今昔 その40



去れど桜樹は6、70年に達すれば必ず枯朽するを常とす。故に維新以後は官之を保護することなく、只僅々たる墨堤の住民の手に任せたるを以て頗る乱雑に赴き、桜花年々衰朽す。

大倉喜八郎氏居を向島に卜するに及び之を慨し、柳翁(成島柳北のこと)に語りて共に力を尽し、白鴎社員の賛助を得て凡そ1,000株を増補したるは是れ明治16年冬10月なり(『隅田の由縁』)。

このうち文化年間の折には、亀田鵬斎・大田南畝・大窪詩仏・谷文兆・酒井抱一ほかの文人墨客がこれに協賛しており、嘉永7年(安政元年)には法橋胡民・3代目佐原菊塢・青々抱二らの発起による桜勧進と称した奉賀帳を廻したもので、このような華勧進は明治7年にも永機宗匠とともに俳優三升(9代目市川団十郎)梅幸らも幹事として名を列ねて行われている。


なお水戸邸前に植えた翌年にも、寺島村の有志によって地先の堤上に補植されている。


幕府からこの管理を命じられた名主は、後継樹の育成とともに、四季の掃除・施肥・見廻り等に意を注ぎ、「御用木ニ候間枝折又は抜取らざるべき者也」と制札を立て、花見の頃は夜間提灯を立てたという。


隅田公園になり昭和4年当時の桜に「枝を折るものは一指を断つべし」との、弁慶が須磨の桜につけた例に倣った短冊が下げてあったのを、子供心にも強く印象に残った覚えがあるが、これも古くからの伝統によったものだったのであろうか。


(相関芳郎著 東京都公園協会監修による東京のさくら名所今昔より)

posted by 春夏秋冬 at 07:22| Comment(0) | 東京のさくら名所今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。