2014年01月29日

万国津梁機構第19回定期講演会16

万国津梁機構第19回定期講演会16


参議院議員島尻あい子先生


矢張り、与党の動きとしてすごく良いなあ……と思ったのは、民主党政権時代自民党は野党の立場でありましたので、アメリカに行っても、外務省など振り向いてくれなかったんですが、与党議員としてアメリカの議会筋などに逢いたいと申し込みするとただちに外務省から動いて頂いて仕事がやりやすくなりましたし、またいろいろとヘルプして頂きました。


現在では、来年1月
19日の名護市の市長選を抱えておりますが、あえて申し上げさせて頂きたいのは、自民党は市長選挙に向けて候補者の一本化について努力させて頂いておりますが、わが自民党県連と致しましては前県議の末松さんへの一本化に向けて調整作業をすすめているところでありますが、しかし、ここまでかけはしの会が1つになった。

あるいは自民党県連が軌道修正したところまで来たのは、前名護市長の島袋吉和氏の勇気ある行動の賜物ではないかと正直思っております。島袋効果だと思っております。


だからこそ、この島袋さんの志といいますか、この気持ちに勢いを持ってこそ、この普天間問題を解決しなければならないと思っております。

この件に関しましては、いろいろと質疑応答の時間も頂けれると思います。


是非皆様方のご意見を聞かせて頂く中で、または質疑応答のやりとりのなかで、ご理解を頂きたいと思いますが、本当に繰り返しになりますが、この普天間の問題は、今この瞬間の中でこの問題を解決しなければならないと思う次第であります。


昨日(
20131220日)平成26年度の内閣府沖縄担当部局の沖縄振興予算は概算要求額の3,408億円を52億円上回る3,460億円という沖縄振興予算が計上されましたことは、沖縄の振興開発に大きく貢献するものと期待をしているところであります。


このことについては、山本沖縄担当大臣からも連絡を頂き、満額以上の予算を獲得出来たことは、沖縄の振興開発を積極的に進めていく上で極めてよかったとほっとしているところであります。


満額以上の予算を獲得したのは山本大臣と財務大臣との大変な折衝において実施したことであります。


とくに沖縄県の長年の悲願でありました那覇空港の第2滑走路については
330億円の予算が計上されましたことは、着工から5年10ヶ月で完成させるという沖縄県との約束を決定に国が実行することになったことは、特筆すべきことであります。


仲井眞知事が大変心配しておられたことは、単年度予算ということになると次年度の担保がないじゃないかということでした。

つまり大きな公共事業だと全体のトータルでの予算措置があって、その中で単年度には幾らの予算がつくというのが、これまでのやり方でありましたけれども、なかなか空港特会といいますか、空港建設予算というのは国土交通省の中でもなかなか予算が取れないという状況があったわけで、隙あらばあそこに予算を積んでおこうということで、那覇空港の第2滑走路の予算が取れなくて、それからアベノミクス、成長戦略において県がこだわったのは金融特区についてでありました。

posted by 春夏秋冬 at 08:01| Comment(0) | 万国津梁機構講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。