2012年06月20日

沖縄21世紀ビジョン基本計画 〔沖縄振興計画 平成24年度〜平成33年度〕(骨子)その32

沖縄21世紀ビジョン基本計画 

〔沖縄振興計画 平成
24年度〜平成33年度〕(骨子)その32



4)宮古圏域


○太陽光発電等の再生可能エネルギーの積極的導入などにより、持続可能な社会づくりに向けた取組を促進する。


○観光リゾート産業の振興及び広域的なレクリエーション需要に対応した取組を推進し、交流人口を拡大する。


○拠点都市である宮古島市における医療、教育施設等の充実を図り、周辺離島との交通利便性の向上に取り組む。


○過疎化や高齢化の進行が著しい地域においては、割高な生活コストの低減など定住条件の整備を図る。


○自然災害対策として、公共施設等の機能強化及びテレビ放送用海底ケーブル施設等の整備を推進する。


5)八重山圏域


○自然環境や各種伝統行事等、各々の島独自の魅力を高めながら体験・滞在型観光を推進する。


○我が国の最南西端に位置する特性を生かし、国内外との交流を促進する。


○拠点都市である石垣市における医療、教育施設等の充実を図り、周辺離島との交通利便性の向上に取り組む。


○過疎化や高齢化の進行が著しい地域においては、割高な生活コストの低減など定住条件の整備を図る。


○自然災害対策として、公共施設等の機能強化を図る。

(沖縄県)

posted by 春夏秋冬 at 06:43| Comment(0) | 沖縄21世紀ビジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。