2012年05月19日

沖縄の経済振興に協力する本土企業その103

沖縄の経済振興に協力する本土企業その103

日新製糖株式会社那覇出張所


所在地 沖縄県那覇市西2−1−1

   所長 松 元   巌

日新製糖は,昭和
25年に創業を開始した会社である。


同社は,東京深川豊洲に国際級の近代化工場を有している。


同工場は,東京湾に面しているため,原糖輸入には最適であるほか全国に通じる海陸の輸送機閑をフルに活用できる理想的な位置にある。


日新製糖は,昭和
25年創業以来たえず,規模の拡大,設備の近代化を行ない業界では常に最新鋭の工場として注目されてきたが,いままた現代化学工業技術を結集して,最新の機械設備を開発導入,徹底的な合理化と規模の拡大をみた。


これにより名実共に国際級の大工場となり工場規模においては日本一,設備においてはオートメ化によって小人数によるコントロールが実現した。


日新製糖は,昭和
29年に沖縄に駐在事務所を開設して以来沖縄の製糖業とは密接な関係を持っている。


とくに同社は,中部製糖の大株主として資本及び販売提携を結んでいるほか,県経済連及び伊江村農協製糖工場と販売の面で提携関係を結んでいる。


なお日新製糖の沿革については概要次の通り。


昭和
256   現社長森永為貴氏を代表取締役として会社創立


昭和
2511  豊洲工場日産能力124トンで操業開始


昭和
266   豊洲工場日産能力245トンに工場能力拡充


昭和
279   豊洲工場日産能力517トンに増設


昭和
293   豊洲工場日産能力620トンに増設,工場単位全国第2位の代表的大型工場となる


昭和
306   イオン交換樹脂装置の研究に成功し採用


昭和
3011  公共性と信頼を確立するため株式公開


昭和
315   炭酸飽充法採用


昭和
326   エッシャーウイス式連続遠心分離機を設置


昭和
346   琉球農連と提携成立,第2工場を分蜜糖化製品の販売権を獲得


昭和
3410  マラヤに当社,三井物産,現地商社(Kuokbrothers CoLtd)の三者で共同合弁製糖会社MSMMalayan SugarManufaccturing CoLtd.)を設立


昭和
3412  琉球農連,三井物産,丸紅と提携,農連第一工場を分蜜糖化製品販売権獲得


昭和
354   ハインレーマン完全自動製品分離機設置


昭和
3610  株式を東京証券取引所第2部市場に上場


昭和
377   日本で最初の砂糖小袋完全自動計量包装機の開発に成功


昭和
385   資本金を22,500万円に増資


昭和
387   資本金を52,500万円に増資


昭和
394   琉球農連第一工場は西原製糖と統合し中部製糖発足,経営に参加


昭和
404   388月粗糖自由化を乗切るため,販売体制を一新,三代理店制度を採用,三井物産,丸紅,東新産業と契約


昭和
406   豊洲工場の第一次合理化増設完成,日産能力は1,026トンとなる。新たにパルスベッド脱色装置設置


昭和
413   砂糖の新しい輸送方法,製品バルク輸送設備完成


昭和
4110  豊洲工場の完全合理化を目指し,第二次合理化完成日産能力は2,004トンとなり,濃縮缶,30s大袋自動計量包装設置


昭和
4311  フロスト生産設備完成


昭和
4711  資本金を85,000万円に増資する


本 社 東京都中央区日本橋小網町
23

資本金 85,000万円  従業員 800

(沖縄産業経済新聞社社長仲里嘉彦)


posted by 春夏秋冬 at 06:41| Comment(0) | 沖縄の経済振興に協力する本土企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。