2011年12月11日

第5次沖縄県観光振興基本計画(案)シリーズその38

第5次沖縄県観光振興基本計画(案)シリーズその38

X 圏域別の基本方向

*21世紀ビジョン基本計画における圏域別の基本方向と調整し、検討する。
                         
Y 成果の測定

長期計画の実施にあたっては、同じビジョンの達成に向けた、県民をはじめとした観光関係者、行政などの責任感を伴った取組と協働が重要となる。

一方で、さらに効果的に計画を推進していくためには、取組の監視と評価を継続的におこなって、その結果に基づいた取組内容の正しい方向への調整が求められる。

そこで、本計画に関して、以下のような成果指標の設定および計画の見直しスキームを設定する。

1成果指標
「世界水準の観光リゾート地」といった将来像を実現するにあたって設定した4つの達成イメージに対して成果指標を設定し、本計画に基づいた取組の実施によってどこまで達成に近づいているか、関係者で情報を共有しながら監視と評価ができるようにする。

ただし、計画策定時点では蘭係者で合意された成果指標がないため、計画を進めながら指標の検討、設定をしていく。

また、成果指標の目標数値についても、将来的な入域観光客数1,000万人の目標を鑑みながら、指標ごとに検討、設定をしていくものとする。

2 計画の見直しスキーム
長期計画においては、その実施中における外部環境および内部環境の変化や諸要因によって、取組によっては、進捗状況や成果において予定と相違を生じることが想定される。

そのため、成果指標の監視と評価の結果に基づき、沖縄21世紀ビジョン基本計画の見直しと連動して、本計画の見直し作業をおこなうものとする。

第5次沖縄県観光振興基本計画(案)は、今回の38回をもちまして終了となりました。多くの皆様にご利用頂きありがとうございました。
(沖縄県観光政策課)
posted by 春夏秋冬 at 06:06| Comment(0) | 第5次沖縄振興基本計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。