2011年12月09日

沖縄21世紀ビジョン基本計画(仮称)(案)シリーズその22

沖縄21世紀ビジョン基本計画(仮称)(案)シリーズその22

イ陸域・水辺環境の保全

野生生物にとって住みよい環境や県民の憩いの場としての自然環境を確保するため、森林・河川・干潟・藻場等の陸域・水辺環境を保全します。

このため、自然保護地域については、自然環境保全地域、自然公園、鳥獣保護区等それぞれの適正な配置・管理及び利用を図るとともに、新たな保護区域の指定等を推進します。

また、琉球諸島の世界自然遺産登録に向け、やんばる地域の国立公園化や外来種対策に取り組むとともに、地域住民への普及啓発を図るなど世界自然遺産の登録に向けた条件整備等に努めます。

さらに、県木であるリュウキュウマツを守るため、松食い虫等による被害軽減に向け、天敵昆虫による防除技術の確立等を図るとともに、集中的な駆除の実施など実効ある対策を推進します。

赤土等流出問題については、流域協議会の設立・活動支援など地域住民による流出防止への取組を促進するほか、赤土等の流出の実態に対応した農地等の各種発生源対策の強化・支援、既存対策施設の適切な維持管理、流出防止技術の研究開発、堆積土砂対策の検討など総合的な対策を推進します。

水質汚濁対策については、事業者に対する監視指導や河川浄化等に関する普及啓発活動を実施するとともに、下水道、集落排水施設、合併浄化槽など各種汚水処理事業の連携により地域の実情に応じた効果的な整備等を推進するほか、地下水質のモニタリングを実施し現状把握に努めます。

土壌汚染対策については、事業者への土壌調査の実施や汚染土壌の適正管理に関する指導等を強化します。

大気汚染対策については、大陸からの越境汚染の状況にも注目しつつ、大気環境常時監視に取り組むとともに、発生源となる工場などの監視・指導等を強化します。

また、住みよい快適な生活環境の保全を図るため、騒音・振動・悪臭の防止対策等に努めます。
(沖縄県企画部企画調整課発行)
posted by 春夏秋冬 at 06:30| Comment(0) | わが胸に抱きしデッカイ夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。