2020年10月28日

歴代総理のプロフィール


歴代総理のプロフィール



人生の羅針盤:沖縄の小・中・高生に、わが国の偉人を三省堂発行の日本人名事典よりインターネットで紹介することで、人生設計の指針になるよう願いを込めて連載するものである。


第58代総理大臣


池田勇人 (いけだ はやと)18991965(明治32〜昭和40)戦後の政治家。

生・広島県。学・京大。

大蔵省に入り、各地税務署長をふりだLに財務局長,主税局長などをへて、第1次吉田内閣の石橋蔵相から1947(昭和22)次官に抜擢されたが,’48退官して政界入りを決意。’49広島から衆院議員に当選、’第3次吉田内閣の蔵相となり、シャウプ税制、ドッジーラインによる財政政策を強力に推し進めて戦後資本主義復興の基礎を築いた。

50通産相を兼任、’51サンフランシスコ講和会議全権委員として渡米。

524次吉田内閣の通産相、’53自由党政調会長、’54同党幹事長を歴任。吉田茂の直系として佐藤栄作とともに党内に勢力を伸ばした。’53保全経済会問題・造船疑獄事件で逮捕寸前まで追込まれたが、吉田首相のはからいで異例の指揮権発動により救われた。’56石橋内閣’57岸内閣の各蔵相、’58国務相、

59通産相をへで、’607月首相に就任。’6411月に辞職するまで、3次にわたって内閣を組織した。

岸内閣が安保改定で強硬政策を行なったのに対して、〈所得倍増〉を唱えて国民の目を経済生活に向けさせ、〈低姿勢〉によって国民からの批判を避け、高度経済成長政策を強力に推し進めた。

6411月病気のため佐藤を後継者に指名して辞任した。



郷土の偉人を人生の羅針盤に:郷土沖縄に学び、人生設計の羅針盤としての役割を果たすべく三省堂発行の日本人名事典に収録された沖縄県出身の偉人を連日紹介することにする。(50音順)


そ の 38


尚健 (しょう けん)1818〜?(文政1〜?)幕末・明治初期の琉球王朝最後の摂政。尚灝王の第4子,母は真牛金。生・琉球(沖縄)首里。名・伊江朝直。幕末の故志・恩河事件では糾明奉行として新薩摩派に拷問をかけ2人を死に追いやった。

のち琉球処分の時は国王の最高補佐役摂政として多難の政局を担当。

1890(明治23)男爵を授けられた。





               元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番−9

               TEL098−8768896 FAX0988768473

posted by 春夏秋冬 at 06:50| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2050年北部圏域人口50万人の田園都市建設構想



2050年北部圏域人口50

万人の田園都市建設構想

                      (その51)



 わが国の国際コンテナ取扱量は、中国やシンガポール、韓国等の急激な発展に伴い、国際競争力を失い、神戸港においては、1980年には世界第4位のコンテナ扱いであったのが2017年には54位とその凋落ぶりには唖然とするものがある。

 とくに、中国の上海港は2017年実績で、世界第1位で、外に深圳や香港など世界トップテンのうち、7港まで中国が占めており、それからみても中国の経済成長の凄まじさを知ることが出来る。

 そこで、沖縄県においては、沖縄振興計画のように、10年を単位とした計画ではなく、少なくとも2050年を視野に入れた長期ビジョンを策定し、それに基づいて経済政策を策定することがどうしても必要になってくる。

 このためには、アジアの資本や、技術、人材等を沖縄が輸入して、それらを活用して沖縄の経済発展に結びるける様々なインセンティブを国の政策の中に織り込むよう沖縄側から国に働きかけて、その実現を図ることである。

 2018年度の沖縄県への観光客入込客数は、このほど修正が加えられ、1,000万人の大台を突破したことが明らかになったが、これはパスポート時代の昭和46年度の沖縄観光の入り込み客数は204,000人から比べると約半世紀で50倍近くに伸びていることになる。恐らくアジア地域のように、世界経済のシエアの50パーセントを占める2050年には、沖縄の航空路線の整備や県内の移動の利便性を図るための南北を縦貫する鉄道等のインフラ整備が進めば、年間3,000万人の観光客の誘客も十分可能であると予測するものである。

 かつては、東南アジアで発注したコンテナ貨物は神戸港などで積み替えして、欧米に輸出することにより、1980年には同港に世界第4位のコンテナ取扱量を誇っていたが、その後とくに韓国の釜山港の港湾整備が飛躍的に進められたことから、東南アジア諸国のコンテナ貨物が神戸港ではなく、韓国の釜山港でトランシップ(積み替え)したことにより、神戸港はもはや国際コンテナ基地としての機能を果たせなくなってきつつある。

 そこで日本が中国や、韓国、シンガポールと競争力のある世界を相手に戦うためには、これから2050年に向けて世界のGDP50パーセント以上を占めるアジアに最も近接している沖縄がその主役を担う時代がやってくると確信する。

 金武湾港の開発整備により、国際コンテナ基地として機能するためには、金武湾港に大規模な岸壁を整備すると共に、その背後にある公有水面に広大な埋め立てにより、物流機能としての十分にスペースを確保することである。


               元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦


posted by 春夏秋冬 at 06:33| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

歴代総理のプロフィール



歴代総理のプロフィール


人生の羅針盤:沖縄の小・中・高生に、わが国の偉人を三省堂発行の日本人名事典よりインターネットで紹介することで、人生設計の指針になるよう願いを込めて連載するものである。


第56代総理大臣


 岸信介 (きし のぶすけ) 18961987(明治29〜昭和62)昭和期の政治家。佐藤栄作の兄。 生・山口県、学・東大。

農商務省に入り、1936(昭和11)満州国実業部次長となり、「満州国」革新 官僚の筆頭と目された。帰国後、’40商工次官、’41東条内閣の商工相、’42翼賛選挙で翼賛議員として当選。東条内閣の戦争経済推進に積極的な役割を果たしたが、’44辞職を拒否して東条内閣倒壊の一因をつくった。

敗戦後、A級戦犯として逮捕。公職追放中は東洋パルプ会長・日本鋼材商事会長などをつとめ、追放解除後、’52衆院議員に当選、自由党憲法調査会会長となって憲法改正・再軍備を主唱し、タカ派の領袖となる。

54鳩山一郎らとともに自由党を除名され、日本民主党創立に参加、幹事長となる。’56自民党総裁選で石橋湛山に敗れたが、石橋内閣の外相に就任、’57石橋の病気辞任後、総裁をひきつぎ、内閣を組織。’60まで2期にわたり首相をつとめた。岸内閣は、日中貿易交渉を中断させ、警職法改正により戦前の治安体制の復活を企図し、さらに安保条約改定を強行するなど、対米従属的な強固政策をつづけたが,’60安保闘争の高揚によって辞職した。

その後は自民党顧問となり、’69沖縄返還交渉の際には単独渡米してニクソン大統領と会談、裏交渉に積極的役割を果たした。また憲法改正や台湾政権との結びつき強化などに活躍した。



郷土の偉人を人生の羅針盤に:郷土沖縄に学び、人生設計の羅針盤としての役割を果たすべく三省堂発行の日本人名事典に収録された沖縄県出身の偉人を連日紹介することにする。(50音順)


そ の 37


 尚敬 (しょう けい)170049(元禄13〜寛延2)江戸中期の琉球国中興の国王。

尚益王の子、母は真鶴金。生・沖縄。名・和名朝系。

1713(正徳314歳で父の跡を継いで以来在位37年間、天資聡明なる上に名宰相蔡温の輔弼を受け、尚真王につづいて沖縄の黄金時代を現出した。

その治績は,農政・林務・土木・水利・文化の各方面にわたっており、山林が恒久的に保護され、羽地川をはじめ国中の河川が改修されたのもこの時である。

文化的方面では明倫堂の学則制定や,歴史書「中山世譜」と「球陽」の編集、和歌・琉歌(沖縄の短歌)の興隆をはかったほか、芸能方面においては組踊や琉球古典舞踊の創作、陶磁器の製法改良をはかるとともに、絵画・彫刻を奨励し、併せて芸能人の社会的地位の向上をはかるなど沖縄のルネサンスを築いた。文化の興隆はその子の尚穆に引き継がれた。




               元一般社団法人・万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

                       沖縄県浦添市屋冨祖2丁目1番−9

               TEL098−8768896 FAX0988768473

posted by 春夏秋冬 at 06:41| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする