2015年08月31日

沖縄市の今昔・夢未来(沖縄市制25周年記念誌)その67

沖縄市の今昔・夢未来(沖縄市制25周年記念誌)

その67


 司会 研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究企画案ができているようでありますので、その内容について仲宗棍市長よりお話頂きたい。


 仲宗棍市長 今日、少子・高齢化の進行、経済の長期的低迷、情報化の進展などの社会経済の変化に対応しつつ、真に豊がさを実感できる地域づくりに取り組むために、各地において、人材育成のあり方が模索されております。


すなわち、時代の潮流に対応しうる柔軟な発想と豊かな創造力を兼ね備えた人材、地理的・歴史的観点からの地域への認識を十分に有するとともに世界に向けての広い視野と行動力を併せ持つ人材の育成について、地域の実態や今後の動向を見通しつつ、具体化することが時代の要請といえます。


また、地域の持続的発展を期すためには、研究開発機能の充実による産業の高度化や地域文化の創造・継承、住民への生涯にわたる高度な学習機会の提供などへの取組も不可欠であります。


このためには、各種高等教育・研究開発機関などの広域的連携・協力ネットワークの構築、その拠点となる機関の役割や位置づけの明確化がなされねばなりません。


本調査研究の対象地である沖縄市を中核とする中部広域市町村圏域においても、長引いている不況による雇用不安、産学官の連携による研究協力・学術情報の地域への還元策、住民の高度な教育・学習要求への対応策その他、様々な問題や課題への対応が迫られているところであります。


また、県内高校生の相当数が県外への進学を余儀なくされている沖縄県の現状から、県内への進学機会の拡大や保護者の教育費の負担軽減への二−ズも高いものがあります。


以上のような状況認識のもと、本調査研究では、対象圏域の実態や他地域での事例などの分析により、今後の地域発展の方向について明確化を図ったのち、圏域内外の各種高等教育・研究開発機関などの広域的連携・協力ネットワークの構築と拠点となる高等教育機関の新たな設置について、検討、提言するものであります。


200011日鰹t夏秋冬社発行の沖縄市の今昔・夢未来より)

posted by 春夏秋冬 at 07:14| Comment(0) | 沖縄市の今昔・夢未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その162

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その162


万国津梁機構第11回定期講演会13回目

2013年4月27日 県立博物館・美術館)


宮ア政久 衆議院議員


そこで、沖縄の過重な負担を解消することが、我が国の安全保障政策として必須であると考えています。


これまでも沖縄県として沖縄にある来軍基地の整理縮小が必要だと事ありごとに政府に要請してきていることも皆様方もご承知の通りでありますが、私は応分の負担はしますと言っている沖縄が我が国の安全保障の重要な一翼を担い、これが継続して国益に貢献するためにも、沖縄の基地負担軽減は政府をあげて取り組む必要があるわけです。


単に沖縄のためにという問題ではないと私は政治の世界で訴えております。


そこで沖縄の基地負担軽減として最大の課題となっているのが宜野湾市の中心にある普天間飛行場問題です。


普天間問題についての私の考え


まず、当然のことですが、普天間飛行場は危険だから移設をすることが必要なのでして、そもそも普天間飛行場の固定化を認めるという選択肢は存在していないわけです。


政府の取組みとしては、沖縄に関する特別行動委員会のいわゆるSACOは、平成7年11月に、日本政府および米国政府によって設置され、SACO最終報告が平成8年12月2日に調印されました。


現在はこのSACO合意に基づいて普天間飛行場移設をはじめ嘉手納基地以南の米軍基地返還作業がすすめられていることについては、皆様方もご承知の通りであります。


(平成26年4月2日発行沖縄の飛躍発展に向けた提言集より)

posted by 春夏秋冬 at 07:11| Comment(0) | 沖縄の飛躍発展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

沖縄市の今昔・夢未来(沖縄市制25周年記念誌)その66

沖縄市の今昔・夢未来(沖縄市制25周年記念誌)

その66


 仲宗根市長 第2次沖縄振興開発計画が昭和57年から向こう10年間を計画期間として策定され、その頃から観光リゾートなどの3次産業の振興を柱とした計画となり、それが今日のような観光産業の成長発展を遂げてきたわけであります。


そのような中で、第2次産業とりわけ製造業の全産業に占める割合は復帰時の9.1パーセントがら平成10年度には5.8パーセントへと落ち込んでおり、今後とも製造業は期待できません。


沖縄県が自立発展を図るためには、リゾート観光や情報産業等の新たな分野を切り開いていくことが必要であります。


そのようなことから、本市においてもこの程テレワークショップを郵政省、沖縄県の支援をもとに開設し、トランス・コスモス・シー・アール・エム鰍ェ開所したのをはじめ、来年4月には、KDDも本格的な事業を展開することになっており、両社合わせて800人がら1,000人の雇用効果が期待されているところであります。


今後は、マルチメディアアイランド構想に基づき、情報関連産業の誘致を積極的に図っていく考えでありますが、そのためには、専門的な知識が必要でありますので、大学を設置し人材の育成を図っていく考えで、牧前事務次官のご指導のもとに研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究を行っているところであります。


200011日鰹t夏秋冬社発行の沖縄市の今昔・夢未来より)

posted by 春夏秋冬 at 07:33| Comment(0) | 沖縄市の今昔・夢未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。