2015年05月29日

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その103 沖縄の飛躍発展に向けた提言集その103 沖縄の飛躍発展に向けた提言集その103 沖縄の飛躍発展に向けた提言集その103 沖縄の飛躍発展に向けた提言集その103 沖縄の飛躍発展に向けた提言集その103

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その103


万国津梁機構第9定期講演会6回目

2013年2月23日 県立博物館・美術館)


富川盛武(沖縄国際大学)


沖縄における発展論は工業化の後追いや国際分業などの生産の視点から論じられてきた。


いずれも功を奏さなかったのは確たる比較優位が無かったからである。


静脈の経済論といぅのがある。


元々は廃棄物などをリサイクルして生産に戻す産業を指しているが、人々をリフレッシュして生産に戻すと解すると観光や移住も静脈の産業となる。沖縄は静脈の経済論では大きな比較優位を有する。従前は自然や文化は経済学とは無線であるとされてきたが、高次元ニーズはこれらによって満たされるものであり、先進国を更に発展させるために必要な要素である。沖縄にはポスト先進国の産業構造や至福の生活を実現できるソフトパワーが内在している。


統的な食や生活には健康・長寿の要素が内在しており、それが沖縄の伝統食品,薬草イコール健康というブランドにまで高めたのである。都会の不登校の児童が離島の学校に転校して、地域のふれあいの中で生きる力や元気を取り戻しているという。島の共同体的社会には安全・安心がある。沖縄の快適・環境を求めた観光客や移住者が増大している。世界の観光地であるグリーン島やベネチアには車がまったくない。沖縄の離島にも車のない観光地を設定すれば環境のフロンティアになれる。現在開学している沖縄科学技術大学院大学は文字通り世界水準の高い教育水準である。このように沖縄は高次元のニーズに対応できる力がある。沖縄はフロンティアの産業構造つまり先進国が更に発展した社会の産業構造、そして至上の生活を享受できる社会になり得る可能性を持っているのである。なにより市場がその可能性を認めており、消費者によって確立された沖縄ブランドや外資が沖縄のホテルに触手を伸ばしたのは、その証左であろう。


(平成26年4月2日発行沖縄の飛躍発展に向けた提言集より)

posted by 春夏秋冬 at 07:30| Comment(0) | 沖縄の飛躍発展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

沖縄市の今昔・夢未来(沖縄市制25周年記念誌)その7

沖縄市の今昔・夢未来(沖縄市制25周年記念誌)

その7


 仲宗根市長 昭和40年前半、琉球政府は、本土復帰の機運の高まるなか復帰後の経済発展には宅地、工業用地等の土地造成が必要との判断から調査に乗り出しその結果、中南部はほとんどが埋立可能と判断し現新港地区の埋立計画も発表しました。またこの頃、大型港湾としての特性を利用して外資石油企業が進出し石油専用バースの建設および大規模な埋立工事がすすめられました。


一方地元側では、琉球工事連合会が民間ベースによる工業港と臨海工業地帯の造成を具体化したり、琉球農業協同連合会も臨海コンビナート建設のための調査検討を行いましたが、双方とも実現に至りませんでした。


昭和45年に策定された「長期経済開発計画」は工業開発の拠点として中部地区東海岸の開発、工業用地、工業港の整備がうたわれ、昭和46年には、本土政府が中城湾内に大型港湾建設構想を発表したことにより、地元市町村はその具体化のために促進協議会等を結成し、運動を展開することになりました。


昭和47年の本土復帰に伴い策定された「沖縄振興開発計画」では、本島東海岸および中南部圏における流通港および工業港の新設計画が掲げられ、これを受けて昭和55年には、沖縄県では「中城湾港開発基本計画」を策定、中城湾港を県土の均衡ある振興開発の上がら、生産基盤の整備、産業の振興、産業構造の改善、雇用機会の創出など本県の抱える課題の解決と自立的発展を図るための拠点として流通機能と生産機能を合わせ持った流通加工港湾と位置つけました。


昭和5811月には、漁業補償が合意に達しました。


昭和59年2月に着工致しましたが、その後、社会情勢の変化に対応するため、平成2年8月に港湾計画を改訂し平成4年2月に公有水面埋立免許および承認(2次埋立分)がなされ、平成4年9月2次埋立着工、さらに、平成7年5月に第3次埋立に着工し、現在工事は順調に進捗しているところであります。


2000年1月1日鰹t夏秋冬社発行の沖縄市の今昔・夢未来より)

posted by 春夏秋冬 at 07:41| Comment(0) | 沖縄市の今昔・夢未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その102

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その102


万国津梁機構第9定期講演会5回目

2013年2月23日 県立博物館・美術館)


富川盛武(沖縄国際大学)


ソフトパワー


沖 縄の島々に最近本土からの移住者が集まり、ある島では地価が急騰しミニバブルの様相を呈している。


人々を惹きつける沖縄の魅力つまりソフトパワーは、人口減少時代において、大きな可能性を持つ。


この言葉は元々、ジョゼフ・ナイハーバード大教授が政治学で用いたもので「政策や文化、歴史、自然などにより人々を惹きつける魅力」を意味した。軍事力というハードパワーではなく、外交や文化の理解などのソフトで紛争解決や平和に導く考えである。


日本を含むアジアの国々は魅力的なソフトパワーを秘めており、それがトヨタ、ホンダ、ソニーなどの世界ブランドのものづくりの力、明治維新の刷新力、第2次世界大戦からの再生力を生み出したと解し、そのソフトパワーこそが日本経済を再生させると説く。


現在では発展論などの嶺域でも広義の意で多用されている。


1990年代の「失われた日本」を抜本的に改革するために政府が諮問した「動け日本」という小宮山宏元東京大教授を委員長とするプロジェクトがあった。


日本再生の切り札は実に明解である。


先進国が更に発展するためには高次元のニーズに対応することが重要であり、具体的には世界一の「健康・長寿、安全・安心、快適・環境、教育水準」というニーズに対し各大学の研究成果を対応させれば新たなビジネスが生まれ、発展のフロンティアを切り拓くというロジックである。


筆者は産官学の会議で直接、プレゼンを聞く機会があったが、これこそ沖縄のとるべき道と感じた。


それらのニーズに対応できる能力が沖縄の自然、歴史、文化には内在しているからである。


(平成26年4月2日発行沖縄の飛躍発展に向けた提言集より)

posted by 春夏秋冬 at 07:36| Comment(0) | 沖縄の飛躍発展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。