2014年12月31日

今月の仲里嘉彦の提言 沖縄選出国会議員へシルバータウン特区創設を

今月の仲里嘉彦の提言


琉球新報の1224日の論壇に、筆者が投稿した記事が掲載されており、同記事全文を送信することにする。


沖縄選出国会議員へ


シルバータウン特区創設を


1214日の衆議院選挙において圧勝した第3次安倍内閣は、24日から始まる特別国会で本格的にスタートすることになる。1121日に法案が成立した地方創生法に基づく事業を、景気対策として取り組むことになる。


その中で沖縄は、地方創生のシンボルとなるような思い切った発想の下に、那覇市などの都市圏を除く沖縄本島北部、宮古、八重山地域を中心にシルバータウン特区の創設を、沖縄選出の国会議員の構成による政策協定に基づいて、実現するよう提言をするものである。


幸い沖縄は、今回の衆議院選挙で小選挙区4人に比例代表5人を合わせて9人が当選し、参議院議員の3人を加えると、国会議員12人という陣容となる。党派を超えて合意形成が図れる分野に限って政策を協定し、その実現を果たすことを期待したい。


国家の一大プロジェクトとして、シルバータウンを建設する場合は、総合病院や、随所に診療所を開設する。それとともに、特別養護老人ホーム、野球場、サッカー場、陸上競技場、プール、テニスコート、ゲートボール場などを整備するほか、各種の機能を備えた学習センター、映画館や劇場の整備、ゴルフ場、図書館、スーパー、公園などを配置し、理想的なタウンを創る。


人生を謳歌できる環境づくりを目指し、全国から、定年になったら沖縄にあるシルバータウンの楽園での生活を楽しみに待つという、希望のタウンを整備していただきたい。なお、規模としては10万戸から30万戸の規模とすることを提案したい。


既にわが国の65歳以上の高齢者人口は、2014年9月15日現在で3,296万人に達し、全人口に占める割合も259%と高齢化が急速に進展しており、さらに今後とも高齢化は進むことが予想されている。それに対応した高齢者用の街づくりが必要だ。


シルバータウンを国家プロジェクトとして地方創生事業の一環として取り組む最大の利点は、沖縄は日本列島の中で地震による災害や積雪による被害もなく、冬でも温暖で過ごしやすい自然環境に恵まれている地域である点だ。


全国的に見ても、沖縄が最も健康で長寿を全うできることになれば、年間約40兆円という医療費の軽減効果を十分発揮することも可能だ。


シルバータウン建設用地は民間が所有する遊休地を国が賃貸で借り上げることにすれば、民間の土地所有者は毎年賃貸料が定期的に得られることになり、生活の面でも余裕が出てくるといった効果も期待できる。


ぜひ国会議員主導でその実現を期待したい。


(浦添市、万国津梁機構理事長、76歳)

posted by 春夏秋冬 at 07:35| Comment(0) | 今週の仲里嘉彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その10

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その10


国内アルミ製錬業界では、日本を代表する日本軽金属の中山一郎社長から、沖縄特派が決定した時、たしか10万円という大金を取材への慰労の意味合いがあったと思いますが、私は何の抵抗もなく、それを受け取りました。何も私に対して、見返りを要求することもなかったし、また何等注文を受けることなく、自分の意志を十分に発揮して、取材活動を行ったことは明らかであります。


安西・屋良会談をセット


たまたま第1回目の沖縄への特派員として派遣されていた時期に、昭和電工の安西正夫社長を団長とするワシントン会の60数名のメンバーが、ワシントンからの帰途、沖縄で一泊するとの情報をキャッチして、一行を那覇空港で迎えることになりました。


那覇空港に降り立った、安西正夫社長に私は近づき、屋良朝苗主席との会談をいきなり持ち出したのであります。


安西正夫社長に、ゆっくり事情を説明する時間的余裕のない中で、私は単刀直入に要件を切り出す以外に方法はなかったのであります。


これが実は安西氏との初対面でのことでありました。

安西氏は私の要望に対し、ただちに反対の意向を示されました。


自分は屋良主席にあいたくないというのであります。勿論安西氏と屋良主席とは一度も面識はありませんでしたが、直感的に革新の屋良主席に逢いたくないと私は判断したのであります。


(平成26年4月2日発行沖縄の飛躍発展に向けた提言集より)

posted by 春夏秋冬 at 07:29| Comment(0) | 沖縄の飛躍発展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン


第5章 観光客1,000万人のシナリオ その15


沖縄本島一周遊覧船の就航で観光振興を


那覇港の岸壁には、白亜の巨大マンションが建てられたように見える平和の象徴でもある琉球王朝丸(仮称)は、1,000人の観光客が吸い込まれるように30分くらいで乗船が終了する。


この琉球王朝丸(仮称)は、沖縄本島周辺を約10時間かけて遊覧する豪華客船で、船舶の建造は県の財政上の問題もあり、リースで運航することにする。


沖縄には首里城正殿をはじめ、琉球王国のグスク及び関連遺産群があり、それらのある地点には目立つように模型を船内で展示し、南部戦跡や県都那覇市、那覇新都心、キャンプ・キンザー、普天間飛行場、キャンプ・瑞慶覧、嘉手納飛行場、ホワイトビーチ、キャンプ・ハンセン、キャンプ・シユワブ、恩納村のリゾート群、名護市、本部町にある国営沖縄海洋博覧会記念公園、国頭村のヤンバルクイナや、同じく国頭村に設置されている世界初の海水揚水発電所、離島では、ケラマのクジラとか、それぞれ特徴のあるものを展示し、展示物には、ボタンを1、2、3、……と模型と同じ番号をつけ、手元の番号を押すことによって、例えば普天間飛行場が点灯する仕組みにすれば地理の勉強にもなる。


乗船券は大人1万円で、子供は7千円、全指定席とする。朝10時に那覇港を出航し、時速16ノットで運航すれば、午後8時には那覇港に帰港することになり、10時間の船旅である。


船内では、まず昼食の弁当は豪華そのもので、この弁当目当てに遊覧船を利用するという利用客もいるなどの工夫が必要である。


それにパインジュース、シークヮーサージュース、マンゴージュース、オリオンビール、グァバジュース、泡盛など飲み放題とするが、それらのコストは総て乗船券に盛り込まれていることは勿論である。


(仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン「第5章」より)

posted by 春夏秋冬 at 07:27| Comment(0) | 仲里グランドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。