2014年08月28日

東京のさくら名所今昔 その126

東京のさくら名所今昔 その126



<府中市・小金井市>

多磨霊園 


江北の五色桜30種余をはじめ、山桜と染井吉野を含めて、約1,800本が霊域園路の各所に並木をなしている。


正門前も甲州街道から市道に花がみられる。


また西につづく浅間山公園の丘陵も100余の桜が育っている。


武蔵野公園 

都の苗圃を兼ねた公園で多磨霊園に境を接しており、800本近い桜の中でも里桜の列植が見ものである。


<調布市>

神代植物公園 


梅など早春の花にはじまり、各種四季の花を造園的に配植した多彩さの中でも、桜の集植はその中心の1つである。


開園後20年を迎えようとしているが、その中でも白眉は緑地当時からの染井吉野で、中でも10本ほどは枝が園路をこするばかりにひろがり見事である。


また八重紅枝垂を目当てに、毎年開花適期を問合せてくる人も多い。


里桜も開園前から苗圃で各地からの収集品が養成されてきており、約50100余品は園地の狭くなったのを嘆いているかのようである。


ワシントンから到着の曙桜も10本ばかりある。


(相関芳郎著 東京都公園協会監修による東京のさくら名所今昔より)

posted by 春夏秋冬 at 08:23| Comment(0) | 東京のさくら名所今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その548

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その548



夢とロマンに生きる北農出身者

 宮城 やはり全体をみると言うことと、長期的展望からの視点から眺めるということが必要ですね。


それから北農出身には、とくに夢とロマンが強いような気がしますね。


そのような中で農林出身者に教育者が多いし、元々教育者は夢とロマンがなければいけないと思うんですよ。


自分の目の前だけを考えている人に、果たして教育が出来るかと思うんですよ。


学生をどのように教育し、どのようにその可能性を引き出していくかという視点で考えて、教えないと教育者として不適格ではないかと私は思っております。


 司会 それではこの辺でテーマを21世紀に向けた人材育成をいかように進めていくか、現実を踏まえながら21世紀を展望するという形で話題を展開していただきたいと思います。


(平成91025()春夏秋冬社発行の「壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像」より)
posted by 春夏秋冬 at 08:19| Comment(0) | 壮大なる沖縄ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

東京のさくら名所今昔 その125

東京のさくら名所今昔 その125



<杉並区>

善福寺公園220本余、そこから発する善福寺川は中野区境いで神田上水と合流するが、その途中の成田辺りから640本を有する和田堀公園までの間に440本ばかりが善福寺川緑地畔に見られる。


<武蔵野市三鷹市>

井の頭公圏 


池畔の染井吉野を中心にしたお花見が盛んであるが、池の水門付近には八重も見られるし、御殿山の山桜も佳い。


合せて650本ほどの桜は、いずれも余り公害をうけないで生育樹姿ともによい。


自然文化園内にも大正時代からの山桜がみられ、また寒緋桜、枝垂桜も多い。


文化園の方は月曜は休園日になっている。


<小金井市・小平市>

小金井堤・小金井公園 


玉川上水沿いの古来の大木は20本を残すのみで、特に小金井橋より上流に見られる。


絶ゆまざる山桜の補植により後雑木も順調に育ち、特に南側が車も通らず生育もよい。


このままゆけば将来が楽しみである。喜平橋の先まで延々とつづいている。


一方、小金井公園は郷土館前を中心にして、4600本に及ぶ、染井吉野、山桜、里桜などが植えてあり、花時のよき大観桜地を提供している。


(相関芳郎著 東京都公園協会監修による東京のさくら名所今昔より)

posted by 春夏秋冬 at 06:56| Comment(0) | 東京のさくら名所今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。