2014年08月28日

東京のさくら名所今昔 その127

東京のさくら名所今昔 その127



<国立市>

国立の20メートル道路 


国立駅南の大学通りと、それに交差する通称20メートル道路(富士見通り)の両側の約400本の染井吉野は、現在国立市の名物になっている。


<多摩市>

聖蹟記念館付近 


明治天皇ゆかりの桜の名勝地であるばかりでなく、ここに360余本が植えられたのは、1860(万延元)年にさかのぼる、古来の名勝であった。


いまは染井吉野、山桜などが約1,000本植えられ、四辺の眺望とともに勝地である。


<日野市>

多摩動物公園 


29ヘクタールに及ぶ放養式動物園ではあるが、また植栽地も広く、山桜、染井吉野とも約1,000本が見事に生育している。


また駅から正門に至る間は山桜の並木である。


<東大和市・東村山市>

狭山公園 


多摩湖(村山貯水池)の堰堤下にひろがる25ヘクタールの大園地に、染井吉野を中心に約600本余があり、桜の饗宴の場として、また桜並木の延々とつづくユネスコ村への基点ともなっている。


(相関芳郎著 東京都公園協会監修による東京のさくら名所今昔より)

posted by 春夏秋冬 at 16:58| Comment(0) | 東京のさくら名所今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その549

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その549



21世紀は人材育成の時代


山里 今人材の問題が出ましたが、沖縄の発展を期すためには、究極的には人材ですね。

そのような意味では北農魂が大切だと思います。

世界の中で日本を見、日本の中で沖縄をみると言う視点からしますと、結局、世界がこれから解決していかなければいけないのが、大きく分けて4つぐらいあると思います。


1つには都市化にどう対応するかということ、2つ目には情報化にどう対応するか、3つ目には高齢化社会にどう対応するか、4つ目には国際化時代への対応などがあります。


これらの問題について、各方面において論じられていることではありますが、日本も正しくこれらの問題に直面し、解決しなければいけない時に、沖縄が段々宝になってきたという感じがあるわけです。


例えばどういうことかと言いますと、それは嘉陽沖縄国際交流財団専務の分野でありますが、嘉陽さんが農林局長時代と現在の農業政策とは、まったく違った感じをうけます。


今までの沖縄は、日本全体からしても重荷であったんですが、これからは逆に日本農業の基点になるという気がしてならないんです。


つまり、われわれは東南アジアを中心とする世界との国際交流の中で生きなければいけないわけで、正しく太平洋時代とはそのことを指していると思うわけです。


(平成91025()春夏秋冬社発行の「壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像」より)

posted by 春夏秋冬 at 16:44| Comment(0) | 壮大なる沖縄ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第121回 今日の仲里嘉彦の新聞経済ニュース

121回 今日の仲里嘉彦の新聞経済ニュース



尚育王の書発見

書家としても知られる第18代琉球国王・尚育の直筆による漢詩の書が、このほど神奈川県鎌倉市で見つかった。


尚育王の孫に当る漢那(旧姓・尚)まさ子さんが継承し、その孫の肇さん(73)=鎌倉市=が保管していた。


肇さんから書を託され補修を進めている沖縄美ら島財団によると「これまでに国宝に指定された尚家の文化財と、同程度の価値があると思われる」という。


(8月28日琉球新報1面トップ記事より)



「USJ名護誘致を」

商工会など市長に要請


【名護】名護市観光協会(安田廣理事長)と同市商工会(金城哲成会長)は27日、市役所に稲嶺進市長を訪ね、米映画テーマパークを運営するユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の名護への誘致を要請した。


稲嶺市長は「名護は有望な場所と評価を受けている。


県とも相談しながら市としても誘致できるように取り組みたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。


(8月28日沖縄タイムス記事より)

posted by 春夏秋冬 at 08:27| Comment(0) | 今日の新聞経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。