2014年02月28日

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザインのあらまし

仲里嘉彦理事長


仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザインのあらまし



第2章 南北を縦貫する鉄軌道の早期建設をその
15

弾丸列車構想は戦争により幻に


さらに、昭和年代にはいると東海道本線の汽車と国道1号に共有していた交通網は、東京、横浜、京都、大阪、神戸の沿線の面積は全国の
16パーセントにすぎないのに、人口は約46パーセント、工業出荷額は70パーセントと交通網はパンク寸前で、新たに弾丸列車が計画され、昭和15年には国会で可決され、総額5億5,000万円の事業費で1940年から1954年までの15ケ年計画で、歴史上これまでなかった巨大プロジェクトであった。


その頃、日本を中心とする、アジアの国々には、ともに栄えようとする、大東亜共栄圏という考え方が日本人の大勢を占めている時代で、その考えから長崎から、朝鮮海峡まで、海底トンネルを掘り、弾丸列車を朝鮮まで走らせ、さらに、中国、満州と結び、南に向かって、インドシナ、タイ、マレーシアまで、アジア大陸縦貫鉄道を結ぶという大構想であったが、昭和
16年日米開戦に突入し、戦局はだんだん日本軍は不利となり、ついに昭和20年の終戦を迎えたことから、この弾丸列車計画は幻に終わったのである。


それからわが国は、昭和の
25年に勃発した朝鮮戦争による特需等もあり、徐々に戦後の復興の兆しが見えることになるが、さらに昭和30年代になると、わが国の経済成長は目覚ましく発展していったのである。


(仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン「第2章」より)


posted by 春夏秋冬 at 07:38| Comment(0) | 仲里グランドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その416

壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像    その416


 湧川会長 次いで1月
30日、一般需要家への供給開始を翌日に控え、機械室の供給バブルが善公社長によって開栓され、事務室に準備してあったコンロに点火されました。

沖縄の有史以来初めて都市ガスが使用された日であります。

翌2月1日、一般需要家に対する供給を開始されました。

沖縄瓦斯にとって、また全身全霊を打ち込んで、ガス事業開業を推進してきた私にとって感動に満ちた記念すべき1日でありました。

供給初日の業務日誌には「供給量1立方メートル当り
4,500カロリー、送出量101立方メートル」と記録されました。

供給地域は那覇市内の辻町、松山町、若狭町若松通り(現松山一丁目)で、地域を挙げると相当広域に思われますが、初日の供給件数はたった
39件にすぎませんでした。


供給開始と同時に、役職員を動員して需要家の開拓、勧誘や関連の工事に取りかかり、この年3月末日までに需要家件数
183件となりました。


私は、大口需要家の開拓に奔走しました。

当時大口需要家というと製菓業で、オキコのコンペイ糖工場にガス供給する事になりましたが、同工場の使用する製菓櫻械は、
3,600カロリー用で、沖縄瓦斯の供給ガスは、4,500カロリーあるのでノーズルと炎口調整が必要でちょうど阿部恒治さんが来沖していたので指導してもらい、2人でコンペイ糖工場のノーズル調整をしました。


その時、私は初めて数学の立方根と平方根を学びました。カロリー計算上、必要にせまられ、計算尺でバーナーのノーズルの口径を算出して3ミリとか
3.6ミリとか錐で太くしたり、かしめて小さくしたりして、出来上がったノーズルを取り換える作業であります。


(平成
91025日鰹t夏秋冬社発行の「壮大なる沖縄ロマン・夢を追い求める群像」より)


posted by 春夏秋冬 at 07:33| Comment(0) | 壮大なる沖縄ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザインのあらまし

仲里嘉彦理事長


仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザインのあらまし



第2章 南北を縦貫する鉄軌道の早期建設をその
14

モレルの提言により工部省、工部大学創立へ


わが国の鉄道建設については、日本には、その技術者がいなかったことから、イギリス人でオーストラリアやニュージーランドなどで鉄道建設に携わっていたエドモンド・モレルという技師を招聘して、わが国の鉄道建設に当ったのである。


モレルは明治3(
1870)年に日本にやってきたが、彼は鉄道技師という立場だけではなく、次々と日本政府に提言し、それが直ちに実行に移されることになった。


モレルは、新橋から横浜までの、鉄道建設途中の明治4(
1871)年、病気が原因で日本で死亡することになった。

この短い期間ではあったが、在任中に果たした最大の功績は日本における枝術行政と技術教育に関する政府に対する提言であったといわれている。


モレルの提言を基本として採択された政策は、数多くあげられる。


その第一の提言は、鉄道、道路、港湾、鉱山などの事業の建設・開発を一元的に統合し、行政組織を創設したことである。


例えば、鉄道建設を当初担当したのは、民部省と大蔵省であったが、モレルの提言により鉄道や道路、港湾などを担当する新しい組織として、工部省が明治3年
10月に設立されたのである。


第2のモレルの提言は、技術教育の早期確立に関するもので、東京または大阪に指導的な技術指導者養成のための学校の創立であった。


この提言も、工部大学校の設立となって結実した。(日本の鉄道より)


その後も、日本鉄道をはじめとする、私鉄が全国各地に設立されたが、
1905年における官営鉄道の営業キロは2,465.5キロで、私鉄5,231.3キロと、あわせて7,695.8キロとなっていたが、明治39年に17の私鉄を吸収合併して新しく国鉄が発足した。


(仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン「第2章」より)


posted by 春夏秋冬 at 07:54| Comment(0) | 仲里グランドデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。